Sponsored Link

2014年の七五三お参りはいつ?年の数え方や早生まれは?

どうも、こんにちは!

今日は、今年2014年の七五三について書いていこうと思います!!

 

七五三といえば、子供成長を祝い

また健やかな成長を祈念する伝統的な行事ですよね

 

 

傍から見ていると七歳、五歳、三歳でおめかしして

神社とかに行って、千歳あめ買ってみたいなイメージなんですが

 

いざ、当事者となってみると意外と知らないことがいっぱい!

ということで、そんな七五三の話題で

よく挙がる代表的な疑問について迫ってみましょう!!

 

 

七五三とは?

 

 

これは冒頭にも述べましたが

七五三という節目の年に子供の成長に

感謝しお祝いし祈る行事ですよね

 

昔は、乳幼児が疫病や栄養失調で

亡くなってしまうことが多かったために

このような儀式ができたといわれています

 

 

そして、この七五三という行事

元来は別々のもので

 

数え年3歳(満年齢2歳になる年)の男女が行う「髪置き儀」

という、髪をそるのを終了する儀式

 

数え年5歳(満年齢4歳になる年)の男の子が行う「袴儀」

という、初めて袴を着る儀式

 

数え年7歳(満年齢6歳になる年)の女の子が行う「帯解きの儀」

という、大人と同じ帯を着物に使いはじめる儀式

 

だったのですが、いつしか

3つの祝い事として広まるようになりました!!

 

 

七五三の時期はいつ?

 

 

七五三は一般的に11月15日に行われます!!

 

由来には諸説あるようですが

旧暦の11月は収穫を終え感謝を示す時期で

また、その15日は満月で、子供の成長を祈祷するように

なっただとか

 

旧暦の15日は二十八宿の鬼宿日にあたり

縁起が良かったためと言われています!!

 

スポンサードリンク

 
ですが、これは絶対に11月15日に行わなければ

ならないものではなく

 

 

寒冷地では寒さを避けるため10月の下旬からであったり

スケジュールの都合上で11月の下旬にされる方も多くいますので

およそ、この一ヶ月間が七五三のシーズンといっていいでしょう!!

 

 

皆さんご家族が集まれる都合や仕事の予定、神社の混雑状況を考えて

祝われることが多いようですし

 

また、あえて少し時期をずらすことで

衣装のレンタルであったり写真館での撮影が

割引価格になったりするので

そのあたりも考慮してみるのもいいでしょう!!

 

それでも、予約は早めにしておいてくださいね!

 

 

七五三の年の数え方は?

 

 

そう、これがけっこうネックになってくるんですよねww

意外とわからないんですよ!!

というか、どうしようといった感じなんですよね!

 

数え年でやればいいのか、満年齢ですればいいのか?

 

 

これに関しては

昔は数え年によって行われていたそうですが

現在では、満年齢でお祝いするのが一般的だそうです!

 

ですが、あくまでも

一般的ということでこだわる必要はなく

どちらで行ってもかまわないとされています

 

特に、兄弟姉妹で一緒にお祝いされたい場合などは

お兄さんは満年齢で弟さんは数え年とされる方も

おられるようです

 

早生まれお子さんの場合

まだまだ、ぐずっちゃったりで写真も泣いちゃったりと

大変そうと見送られる方もいるようですねww

 

 

また、地域ごとの風習もあるそうですので

そのあたりはご家族での慣わしなども

事前に確認しておきましょう!!

 

 

一応、七五三の年齢早見表をおいておきます!

 

三歳 数え年は平成24年(2012年)生まれ

満年齢は平成23年(2011年)生まれ

 

五歳 数え年は平成22年(2010年)生まれ

満年齢は平成21年(2009年)生まれ

 

七歳 数え年は平成20年(2008年)生まれ

満年齢は平成19年(2007年)生まれ

 

と、なっていますので

確認の際の参考にでもしてください!!

 

 

ということで、七五三についてちょっと書いてみました!

お子さんが主役の晴れの舞台

みんなで楽しく祝って素敵な思い出を作ってください!!

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ