Sponsored Link

母の日にカーネーションを贈るのはなぜ?その意味や由来とは

母の日にカーネーションを贈るのはなぜ?

母の日と言えば、日本やアメリカにおいては

5月の第2日曜日(2015年は5月10日)にお祝いをし

お母さんに日ごろの感謝の気持ちを

伝えるのが一般的ですよね!!

 

そして、母の日のお祝いの定番となっているのが

カーネーションを贈ること

 

でも、ふと思うわけです

なぜ、カーネーションを贈るの?

他の花ではだめなの?と

 

ということで、今回は

そんな母の日の疑問についてまとめてみました!!

 

 

母の日にカーネーションを贈る理由

 

 

 

この当たり前のように祝われている母の日が

作られたきっかけにカーネーションが贈られるようになった理由は

20世紀の初期にまでさかのぼります

 

 

かつて、アメリカでアンナ・ジャービスという少女いて

1905年5月9日彼女の母親が残念ながら亡くなってしまったのですが

 

その3年後の1908年5月10日にアンナが

自身を苦労しながらも育ててくれた

大好きな母を想い追悼の意味を込め

その愛した母が好んだ白いカーネーションを教会の祭壇に飾り

出席者に配ったことから

 

現代の母の日、またカーネーションを贈る文化に

なったと言われています

 

 

その他にも、古代ギリシャにおける

神々の母を祝うお祭りがその元になったと言われたり

 

17世紀のイギリスのイースター前に

出稼ぎ労働者が里帰り習慣があったために

その母と過ごす期間が起源となったとの説もあるようです

 

 

どの考えにおいても

お母さんへの愛情や感謝の気持ちを伝えるということには

変わりなさそうですね!!

 

 

ちなみに日本に母の日の文化が

伝わってきたのは大正時代のことらしく

当初は皇后誕生日である3月6日が母の日とされ

現在の5月の第2日曜日なったのは戦後だそうです

 

スポンサードリンク

 

なぜ赤のカーネーションが定番に?

 

 

 

そう思いますよね?

だって起源とされるお話によると

少女が母を想い贈ったのは

白色のカーネーション

 

 

実は母の日が出来た当初

お母さんが健在の方は赤色の

すでに故人の場合は白色のカーネーションを

自身の胸に飾るものだったのですが

いつしかお母さんに贈る文化となったようで

 

日本にその文化が伝わった際も

白と赤のカーネーションを区別して贈っていたそうなのですが

お母さんがいる家庭、いない家庭と

分けてしまうのはいかがなことだ!ということで

赤のカーネーションを贈るのが一般的となったそうです

 

 

そういったことから

白のカーネーションは避けられる傾向にもあったそうですが

 

実際のところ、カーネーションはどの色をとっても

美しいのはもちろんのこと花言葉も素晴らしいので

あまり気になされない方もいるとのことです

 

 

ということで、簡単にですが

母の日の由来にカーネーションを贈る意味について

まとめてみました

 

まあ、あんまり堅苦しくとらえず

日ごろの感謝の気持ちを素直に

伝えてみてはどうでしょうか?

 

それこそ、花もカーネーションにとらわれる必要もありませんし

とにかくいつも素敵なお母さんを想って!!

 

 

こちらの記事もどうぞ↓

母の日のプレゼントに花を!カーネーション以外の人気や花言葉は

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ