Sponsored Link

お彼岸のおはぎはいつ食べる?おはぎや牡丹餅を食べる理由に違いは?

名物のおはぎ
名物のおはぎ / y_katsuuu

どうも、こんにちは!

 

前はお彼岸の意味や時期について書いてみましたが

今回はその中でもお供え物としてあがった

おはぎやぼたもちついて、その意味や由来について

探ってみようと思います!

 

では、どうぞ!

お彼岸の時期

 

 

お彼岸の時期に関しては

前に書いたように

 

9月の20に彼岸入りをし

23日の秋分の日の中日(ちゅうにち)を経て

26日に彼岸明けという

 

20日から26日までの7日間を

彼岸と呼ぶということでした

 

 

ですので、この時期に

お供えをし供養されるのがいいでしょう

 

お彼岸におはぎや牡丹餅を食べる理由

 

 

そして、お彼岸といえば

一般的には

 

春のお彼岸には牡丹餅を秋のお彼岸には、おはぎを

お供えしたり食べたりという習慣がありますよね

 

では、何故おはぎや牡丹餅を食べるのかというと

小豆の赤い色が邪気を祓ってくれる色であるという

古くからの慣わしがあるそうで

江戸時代頃にはじまったものだそうです

 

 

そして、おはぎと牡丹餅って何が違うの?ってことなんですが

実は違いはありません

 

春に咲く牡丹にあわせて牡丹餅

秋の花の萩にあわせておはぎと

季節に合わせて呼び方を変えている

というのが正しいでしょうか?

 

 

ただし、古くからある和菓子屋さんでは

明確に区別されている場合もありますね

私の父は元和菓子職人でしたが、全然知らないそうですww

 

 

 

ということで、こんな豆知識を頭の片隅に置きつつ

お彼岸の際には

ご先祖様を極楽浄土へおくるべく

お墓参りをしたり、お供えをして

供養されるといいのではないでしょうか?

 

 

暑さ寒さも彼岸までと言われるように

季節の変わり目を感じられるのもいいでしょう

 

今回はお彼岸のおはぎや牡丹餅について

書いてみました!

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ