Sponsored Link

雛人形はいつからいつまで飾るの?その意味や結婚が遅れる噂は本当?

雛人形はいつからいつまで

桃の節句のひな祭りに雛人形

女の子にとって、そしてそのご両親にとっても

大事な年中行事の一つ

 

雛人形は、嫁入り道具としても知られ

嫁ぎ先にまでもっていく一生の宝とも言われています

 

今回はその雛人形や雛人形を飾る意味

そしてそれにまつわる噂などについてまとめてみました!!

雛人形やひな祭りの意味は?

 

 

今でこそ、3月3日は

ひな祭りや桃の節句として知られていますが

正式には上巳の節句といい

言葉としては3月初めの巳の日を意味します

その後3日と定められ、桃の季節であることから

そういった呼称がされるようになりました

 

 

雛人形を飾る意味としては諸説あるのですが

出産時の死亡率が高かった平安時代に

そういった厄災から身を守るためにとわら等で作られた

人形(ひとがた)に引き受けてもらい川や海へと流した

流し雛に由来するといわれています

 

それが3月3日が上巳の節句と定められた室町時代以降

節句を宮中などで豪華にお祝いするようになり

 

現代でも、雛人形を飾り

健康で健やかな成長と美しく正しい女性に育つようにと

祝われるようになりました

 

スポンサードリンク

雛人形はいつ出して、いつ片付けるの?

 

 

雛人形は基本的に

立春(節分の翌日)2月4日から2月の中旬

出すのがいいのだそうです

 

つまり、節分の豆まきで厄払いをしてから

お雛様を出すという流れですね!!

 

ですが地域によっては

雨水の日(2月19日ごろ)という

農耕の準備を始める目安になった日があり

その日もふさわしいと考える方もおられるそうです

 

 

では、いつ片付けるのかというと

元々は節句、つまり季節の変わり目を意味しますので

3月3日をすぎたら遅くても中旬ごろまでに

片付けるのがいいとされています

 

もっとも、二十四節気という季節をはかる目安でいうところの

啓蟄の日(3月6日ごろ)が最もいい日なんだそうですよ!!

 

 

また、よく言われる

雛人形を遅くまで飾っていると結婚できないよ、という噂

実はこれは迷信だとも言われています

 

まあ、つまりちゃんとお片づけが出来ないずぼらな人は

結婚できませんよ、という躾の一種のようなものですねww

 

 

 

簡単にですが、雛人形やひな祭りについてまとめてみました

では、雛人形をかざって素敵に祝ってあげてください!!

 

ちなみに、雛人形は女の子のものみたいなイメージがありますが

何歳でも飾ってもいいんですよ!

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ