Sponsored Link

子供や赤ちゃんに安全な日焼け止めはノンケミカルでオーガニック?

夏の日差しが厳しい季節

大人だけでなく子供や赤ちゃんも紫外線の脅威にさらされるわけで

紫外線対策が必要になってきます

 

なんでも、子供の頃に大量の紫外線を浴びるとされ

それが将来の肌や病気への影響を与えるとされているそうで

とにかく子供の頃からしっかり対策をしていくことが

大切だといわれています!!

 

ということで、今回は

そんな子供や赤ちゃんの日焼け止め対策についてまとめてみました!

 

 

赤ちゃんや子供におすすめの日焼け止めは?

 

 

今までも数回にわたり、紫外線対策や

日焼け止めの選び方などを見てきましたが

今回は特に小さいお子さんに向けたものでまとめてみようと思います

 

まだまだ肌が弱い子供たちに最適な日焼け止めとして

ノンケミカルでオーガニックが良いなんてことが言われていますが

果たしてその意味を知っていますか?

簡単に解説していきますのでご確認ください!!

 

 

そもそも、日焼け止めというのは

紫外線を吸収して肌に到達するのを防ぐ紫外線吸収剤

紫外線を跳ね返す紫外線散乱剤によって構成されていて

それらの作用により私たちは紫外線から身を守っているわけです

 

紫外線吸収剤の特徴としては

大幅に紫外線をカットしてくれるのですがやはりそれだけに

肌に負担がかかってしまうということ

 

そして、よく聞くノンケミカルというのは

その成分の内の紫外線吸収剤が含まれていないものを指します

 

その代わりに、先述した紫外線散乱剤によりガードしていくことになるのですが

こちらのメリットにデメリットに関しては紫外線吸収剤よりも肌への負担が軽いのですが

汗によって流れやすかったり何だかんだで肌への負担がかかるということが挙げられます

 

 

で、結局赤ちゃんや子供さんへの

安全安心な日焼け止め選びはどうしたらいいのかと言うと

ノンケミカルでかつSPF値の低いものということになるでしょう!!

もちろん、ノンケミカル=絶対安全ということではありません

今までも解説してきましたがSPF値は高いものでなくて大丈夫ですからね!!

SPFとPAの意味や違いに使い分け!50や100は効果なし?

 

 

最近では使い勝手が良く肌に馴染みやすいジェルタイプで

それこそ子供用赤ちゃん用のものがあるのでそれらを選択されるといいでしょう

注意点としては、もちろん肌に合う合わないがあるので

特に肌が弱かったりアトピーなどをお持ちの方は

あらかじめお医者様や薬剤師の方に相談するようにしてください!!

 

スポンサードリンク

 

そして、オーガニックという名称に関しても

その名の通り、自然の無添加の安全安心な成分といった感じですが

 

注意していただきたいのは

これは、日焼け止めの成分に一部でも

オーガニック成分が含まれていることでも

オーガニックと銘打つことが出来るので

よくお調べになっていただくことが必要となってきます

 

こちらも名称だけにとらわれずに

冷静に判断していただくことが大事ですね!!

 

 

最近の日焼け止めは大分進化してきているので

おおよそ安全なものばかりと言ってしまえばそれまでなのですが

基本的な使い方であったりを忘れがちな方が多いようなので

それを確認していただいてうえで

また、お子さんや赤ちゃんの肌が心配という方は

しっかりと専門の機関にかかるようにしてあげてください!

 

もちろん、大人の皆さんも紫外線対策忘れずに

一年中、やつらは降り注いでいますからね!

 

 

ということで、簡単にですがまとめてみました

とにかく紫外線対策は一年中、そしてずっと大事なものですので

基本的なことを確認していただけたらと思います!!

 

こちらの記事もどうぞ↓

子供の肌にも安全な日焼け止めの選び方と効果的な使用方法!

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ