Sponsored Link

日焼け止めに使用期限はある?去年のは効果なし?肌への影響は!

日焼け止めに使用期限はある?去年のは効果なし?肌への影響は!

紫外線対策と言えば

帽子にサングラスに長袖の着用に日焼け止めの使用があります

 

毎年この日差しが強くなってきて日焼け止めでも買おうかと思うときに

どこからともなく出てくるのが去年使ってたやつの残りやちょっと古くなった日焼け止め

しかも、2,3個出てきてびっくりするのですがww

果たしてもったいないからといってそれらを使っていいのでしょうか?

 

私自身も気になったのでちょっと調べてみました!!

 

 

去年の日焼け止めは使っても大丈夫?

 

 

今自宅にも幾つか転がっています去年の日やけ止めなんですがww

 

直射日光を避け常温室内で保管されていた場合であれば

未開封のものであれば特に問題はないようです

この場合三年間の品質保証があるそうなので

紫外線を防いでくれる効果にも問題はありません

ですので、もしまだお使いになられていないのであれば

安心してご使用いただけるということです!

 

 

でも、何だかんだで気になるのは

一度あけちゃった開封済みの使いかけのことですよね?

 

こちらも、保存状態がちゃんとしているのが前提で

(高温になる夏の車の中に置いておいたなどはNGですよ!)

おおよそは問題がないそうなんですが

日焼け止めに使用されている防腐剤の量によって

事情が変わってくるそうなのでちょっと見ていきましょう

防腐剤の量により日焼け止めを大まかに分けると以下のようになります

 

1.ミルクやジェルタイプのよく見かけるタイプ

2.スプレータイプ

3.無添加化粧品タイプ

 

それぞれ、どう違ってくるのかと言うと

 

ミルク・ジェルタイプのものは、臭いや変色、分離などがなければ

一年は大丈夫で去年のものでも使用できるそうです

スプレータイプは、1のタイプよりかは長持ちするそうで

当然こちらも一年前に開封したものであっても大丈夫だそうです

そして、3の無添加タイプ、これは防腐剤などが入っていないわけですから

当然早くに品質が下がっていきますので、開封済みなら6ヶ月以内には

使い切るようにしてください

 

スポンサードリンク

 

しかし、それでもニベア、ビオレなどで有名な花王、アネッサの資生堂などは

一度開封したらなるべく早く使いきるようにとされていますし

特に明確な使用期限を出されているわけではないので

使用するのであれば変色や分離に注意しましょう

使用されないのが一番だとは思います!

 

 

そして、なにより大事なのは

紫外線が降り注いでいるのは夏だけじゃないということです

曇り空の日だって、梅雨の雨が降っている時期も紫外線は降り注いでいますので

一年中対策をしておく事が必要なのです!!

ですので、日常使用タイプの日焼け止めは

去年のやつとかどうこうより普段から使うのがいいですね!

そうすれば、使いかけも出てこないですしww

 

 

ということで、今回は日焼け止めの使用期限について書いてみました

皆さんも紫外線対策がんばっていきましょう!

 

あと、こちらの記事もよかったらチェックしてみてください↓

SPFとPAの意味や違いに使い分け!50や100は効果なし?

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ