Sponsored Link

インフルエンザや風邪の予防にマスクは効果なし?その理由に真実は

インフルエンザのマスクの効果

インフルエンザや風邪に最近では様々なウイルスが話題となり

特にこの寒く冷え込む冬の時期なんかはその予防対策にと

マスクを利用されることが多いと思います

 

それと同時によく聞かれるのが

マスクには効果があるのか?ムダじゃないのか?という声

 

私もこれに関しては昔からちょっと疑問を感じていたので

今回はその真偽に迫ってみようと思います!!

 

マスクでウイルスが防げない理由

 

 

風邪やインフルエンザは

その病原菌やウイルスを飛沫感染、空気感染、接触感染といった経路で

人の鼻や口へと侵入し粘膜に付着感染し増殖していくことで

様々な症状を引き起こします

 

その予防として、手洗いうがいとともに勧められるのがマスクの着用

しかし、これにはいつも本当は効果がないといったことが言われます

 

 

では、そのように言われている理由原因を見ていきましょう

 

まずは、マスクのウイルスなどの遮断率の問題

よくドラッグストアなど見かける市販されているマスク

最近ではどれもほこり、花粉、ウイルスの遮断率99パーセントなんて

表示がされているのではないでしょうか?

それを見てこれは安心だと思われているかもしれませんが

ここに問題があったようですね

 

本当にごくごくシンプルなことなのですが

マスクというものの性質上、顔とマスクの間に隙間が出来てしまうために

そこからの侵入を許してしまうそうです

(これは実際、独立行政法人国民生活センターが明らかにしました)

 

 

次に、言われるのがウイルスの大きさの問題で

市販されているマスクの目よりも小さいので

意味がないのでは?といったことですね

 

 

そして、その他の理由としては

少し角度は変わるのですがマスクの取り扱いが適当で

接触感染などを許してしまう環境を作っているといったことです

スポンサードリンク

何故マスクの利用が推奨されているのか?

 

 

飛沫感染

これは人のせきやくしゃみによってウイルスが飛ばされることによる感染

これに関して、当然ですが目の前でゴホゴホとされたときに

ノーガードでいるよりはずっと効果的だということです

 

そして、感染経路のひとつである空気感染

じつはこの経路での感染はほとんどないようで

 

つまり、ここまで確認しただけでも

接触感染以外のルートに対しては対策ができるということですね

 

 

また、マスクが推奨される他の理由としては

インフルエンザウイルスが乾燥を好み、湿気を嫌がるという性質のため

マスクの着用することにより、口腔内の湿度を保つことができ

ウイルスを弱体化させる効果につながるということです

 

ということで、完全ではないにしろ

マスク着用にある程度の効果は認められているようです!!

 

 

また、予防に関してもそうですが

実際のところは感染してしまった場合に使用し

拡散を防ぐことが重要視されています

 

外国の方が日本人が皆マスクをしている光景を見て驚いている

なんて話を聞いたことはありませんか?

外国の方からすると普通マスクは病人が使うもので

それはイコール感染者で大変な病気に犯されている状態

その場合は家から出たらだめでしょっ!とww

 

そういったことからもわかるとおり

感染した側から拡げないということも

他の人のための予防になるということですね

 

 

最後に、マスクを使用される場合は正しい方法でお願いします!

うっかり使用後のマスクの表面を触ったりしてしまうと

せっかくウイルスを防いでくれたのに手にうつってしまい

そこから触ったものにうつり、また他の人が触りと

どんどん拡がっていっちゃいますので!!

 

とにかく、手洗い、うがいは大事ってことです

ということで、簡単にですがまとめてみました

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ