Sponsored Link

6月改正の自転車の法律に注意!傘やイヤホンも罰金対象に?

6月改正の自転車の法律に注意!傘やイヤホンも罰金対象に?

昨今急増している悪質な自転車のドライバーによる交通事故

そういった自転車に対する取締りの強化として

道路交通法が6月から改正されました

 

新たに改正された道交法では

今までスルーされていたこともしっかり取り締まられるので

私は安全運転の優良ドライバーだから大丈夫と高をくくらず

今一度お確かめ下さい!!

 

今回は、見落としがちな違反や

気になっておられる傘のさすべえ問題や

イヤホンのことについてまとめてみました!

 

どこが変わった自転車の法律?

 

自転車運転者講習と5万円以下罰金

 

この度の改正で危険で悪質な運転を

続けるドライバーに対して講習を受けることが

命じられるようになり、これを無視した場合

5万円以下の罰金が課されることになります

 

では、どんな運転や違反行為によって

講習を命じられるのか詳しくみていきましょう

 

今回違反となる危険な運転や行為は

以下の14の類型に定めされています

kousyu_2

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kotu/bicycle/kousyu.htm

 

信号無視や酒酔い運転などは当然なのですが

以外に見落としがちなポイントを挙げていきますね!

 

まずは、自転車は歩道がある場合は原則車道通行

最近では、浸透してきているのですが

人対自転車のしかも命を奪ってしまうといった

大きな事故も増えてきていますので

しっかりと守るようにしましょう!

 

自転車は、左側通行

これも最近ではよく知られるようになったのですが

現状としては、右側を走行するドライバーが多く

自動車からは逆走にあたるので大変危険です

 

その他、夜の無灯火運転

むやみやたらにチリンチリンをならすことなど

注意してください!!

 

 

イヤホンと傘のさすべえはどうなる?

 

 

そして、今回の改正にあたり多くの方が気になっておられるのが

イヤホンや傘の問題ですよね!!

 

イヤホンに関していうと

上記14番の安全運転義務違反にあたる

可能性についての議論がされていますが

該当しないとの考えが有力です!!

 

ですが、お気をつけ下さい!

知っておられる方もいるかもしれませんが

実は、イヤホンに関しては道交法によってではなく

各地方自治体による規則でそれぞれに決められています

 

ですので、お住まいの地域によっては

片耳ならオッケー、ちゃんと外部の音が聞けたらオッケー

使用自体がアウト、とそれぞれに違ってくるのです

 

イヤホンについての答えは

各自治体によって異なる、ということになるので

今一度お住まいの地域の交通規則を確認してください、と

言いたいところなのですが、やはり一番いいのは使用されないことです

 

耳から入ってくる情報は大事です

安全運転が何より大事です!!

 

一応私も警察の方に聞いたのですが

基本的には使用しないほうがいい、と

おっしゃられてました

 

スポンサードリンク

 

では、お次関西や大阪の方は

どうしても気になられる方が多いでしょう

傘問題、さすべえはどうなるの?ってこと

 

傘さし運転が禁止となったことを受け登場した

自転車に傘を装着し固定する道具、さすべえ!

 

実は、これアウトです!!

 

しかも、さらにショッキングなことには

今回の改正以前からアウトだったようなのですね

 

その根拠というのが、東京と大阪の道路交通規則に

自転車の積載物の長さは積載装置プラス0.3メートル、

幅もプラス0.3メートルという規定があるためなんです

 

さすべえ自体を取り付けても問題にはならないですが

傘をつけちゃえばアウトになってしまいますね

 

一応、大阪に東京の規則なので

他の地域の対応はこれからになりますが

注意していただくようにお願いします!!

 

 

では、最後に何度の違反をしたら

講習を受けなくてはいけないのかということについて

これは、先述しました違反行為を

3年以内に2度以上摘発された運転者に課されます

 

講習は命じられてから3ヶ月以内の受講が義務付けられ

その命令を無視した場合は5万円以下の罰金となります

また、講習自体も5700円必要となります

 

改正道交法で違反をしたら

罰金が5700円なんて言われ方をしていますが

それは違いますからね!!

 

 

とにかく自転車の交通マナーに事故は

現在社会問題になっています

人の人生もあなたの人生をも壊してしまうものです

しっかりと安全運転をつとめるようにしましょう!!

 

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ