Sponsored Link

ラブジョイ彗星を見よう!方角や日程に時間、名前の由来をチェック

lovejoysuisei

2015年もさっそく天体観測していきましょう!!

すでに今年最初の天体イベントとしてしぶんぎ座流星群

1月3日の夜から4日の朝にかけて観測ピークを迎えたわけですが

見られた方はおられるでしょうか?

 

私の住んでる地域は現在絶賛悪天候であまりにも寒いのでスルーしましたww

 

 

ということで、今回は

とっても珍しくて名前もユニークと話題になっている

ラブジョイ彗星をチェックしていきましょう!!

 

 

ラブジョイ彗星日程や方角は?

 

 

 

このとっても珍しいと噂のラブジョイ彗星

どれくらい珍しいかというと、なんと次に観測できるのは8000年後!!

まさに天文学的な数字ということで見逃せません!

 

そして、このラブジョイというロマンティックな名前の由来なんですが

実は深い意味ではなく、この彗星を発見されたオーストラリア人の天文学者

テリー・ラブジョイさんの名前から取られたものだそうです

ですので、なんかごめんなさい、ってこれも変かww

 

 

 

では、その気になるラブジョイ彗星が

観測できる日や方角をチェックしてみましょう!

 

このラブジョイ彗星、とっても明るくすでに裸眼でも確認されているようですが

輝きのピークとしては、1月7日だそうです

 

日没から1時間までにオリオン座の右側辺りを探してみてください

お隣の冬の大三角やベテルギウスなどを参考にすると

見つけやすいかもしれませんね(星図もいいですね)

 

また、NASAは双眼鏡の使用を薦めているとのことですので

是非使って観測してみちゃってください!

 

 

 

太陽から一光年離れた彗星群からやってくるとされる

32万キロほどにも及ぶラブジョイ彗星

美しい緑色の輝きを是非楽しんでください!!

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ