Sponsored Link

お盆に頂いたお供えのお返しは何がいい?時期やのしは?

どうも、こんにちは!

今日もお盆関連の話題について書いていこうと思います!

前回まではお盆の際に送るお供えのお菓子であったり

果物やジュース、最適なのは何?なんてことに言及してきましたが

今回はそのお返しについてです!

 

とりわけ新盆、初盆といったものは

故人が亡くなられてからはじめてのもので

丁重に儀式が行われるとあって特別なものとして扱われることが多く

親族関係者を含め友人、知人を集め法要の後、会食を設けたりもします

 

その中で頂いたお供えに対して果たして何をいつお返ししたら

はたまた、お返しは必要なのか?

少し書いてみようと思います!!!

 

 

お盆のお返しには何を?

 

 

 

まずは何を贈ればということなのですが

特に決まりはないようです

 

現実的には、消耗品であったり、日用品

最近ではカタログギフトなんてものを

利用される方も増えているようですね!

 

 

金額の相場に関しては

頂いたものの半分から三分の一程度でよいとされています

頂き物よりも高価なものやあまりにも高額なものは相手方にも失礼になりますので

あくまでも感謝の気持ちの一つとして贈られるのがいいでしょう

 

 

送る時期に関してですが

初盆の際、参列いただいた方にはその場で渡されるのがいいですね

遠方の方でこられなかったという方には、後日、贈られても大丈夫です

 

初盆に関しては、5000円から1万円程度を送られることが

多いのでそのあたりを参考にしていただくといいでしょう!!

 

 

また皆さん気になるのしに何と書けばいいのかということですが

黒白や黄白の水引に初盆でしたら、初盆志その他、志や粗供養

書いていただくといいでしょう!

 

 

ただ注意点としては、こういったお供えに対してお返しをしない宗派もあったり

のしの表書き一つとっても地域で変わってきますので事前の確認をお願いします!

大分地域や宗派によって異なる風習を持つものですので一般的な回答となりましたが

これをきっかけにご自身の地域の風習や慣わしに触れてみるのもいいのではないでしょう

か?

 

 

それでは、お盆には有意義な時間をお過ごしください!

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ