Sponsored Link

お盆のお供えに花を!色や種類に金額の相場は?ルールにマナーは?

今日もお盆について話題です

今回は、そんななかでもお盆にお供えする花についてです!!!

 

お盆の際はお菓子であったり提灯代であったり

はたまた、現金であったりと送られるのも定番ですよね

 

そして、それに並び立つように大事なのが、お花

お墓に仏壇にとお花を添えることで

ご先祖様への感謝の気持ちを伝えることができますよね

 

そして、そのお花なんですが

これもまた、いざおくるとなったら迷うことが多々出てくるわけです

何の花をおくろう、色合いは金額の相場は?やマナーは?と、ですので

ここでは、一般的な例を挙げてみようと思います

 

 

お盆の花は何がいい?金額の相場は?

 

 

まず、花の種類なんですが

最近では、あまり堅苦しく考えずに

わりと故人が愛していた花を送るのが好まれているようです

 

しかし、いくつか注意点がございます!!!

 

まず、バラなどのトゲがあるものはさけましょう

次に花がぼとんと落ちるもの、椿などは

日本ではやや怖く悪いイメージが連想されてしますので

避けたほうがいいでしょう

 

これらを考慮した上でやはり人気があるのは

シンピジュームなどのようです

私の母なんかも何故か無類のシンピジューム好きで

やたらめったら贈っている気がしますww

 

 

さて、お次は気になる色合いについてなのですが

これも白や青などまた、仏教的な見地から紫などが好まれているようです

タブーとしては、黒の花を贈ることとされているのでご注意を!!

 

 

金額に関しては

やはり3000円から5000円くらいが一般的な相場のようです

そのあたりで、故人が愛された花をメインに

アレンジしていただくのがいいでしょう!!

 

 

お花は遠方に住んでおられ

直接伺うことのできない方に対しても

喜んでいただける素敵なものですので

お盆の前日には届くように手配してくださいね!

 

 

最後になりますがこういった花一つとっても

ご家庭ごとに地域にその慣わしにと変化してきますので

そのあたりも注意していただけたらとおもいます

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ