Sponsored Link

2014年お盆期間はいつ?東京と北海道、沖縄で異なる理由は?

どうも、こんにちは!!

今回はいよいよ差し迫りつつ(もう終わった地域もある?)

お盆に関して書いていこうと思います

 

 

お盆といえばご先祖様の霊を迎えいれ

その方を想いながらご家族親戚で過ごし

再びご先祖様を送り出すという日本の伝統的な行事ですよね

 

期間や作法、風習にと実は、その地方により異なることも多々あり

まだまだ知らないことだらけ!!

ということで、今日はそんなお盆の話題からお盆の期間についてチェックしてみましょう!

 

 

 

お盆の時期はと言うと

私は関西在住ですので8月が当たり前なのですが

大学で出会った友達が7月と言ったのを聞いて驚いた覚えがあります

 

現在では全国的に月遅れで行われるのが一般的になっているのですが

伝統的には、旧暦の中元節、7月15日に行われたんです!!

 

 

 

ですので、東京であったりの都市部、北海道の一部地域に静岡あたりでは

今でも、伝統に倣い、新暦7月15日に行われるようです

(東京で古い伝統を持つ佃島盆踊りはこの時期に行われますよね!!)

よって、これらの地域では、お盆の期間としては7月13日~16日の四日間

ということになります!!

 

 

そして、その他地方、全国的には、月遅れの新暦8月15日で

こちらの期間としては、8月13日~16日の四日間ということになります

徳島県の阿波踊りは新暦で行うか旧暦で行うか一時期議論がなされたそうです

 

 

また、沖縄の奄美地方などでは、現在でも旧暦で行われているために

毎年お盆の期間が違い時に9月にはいってから行われることもあるそうです!!

 

 

 

この都市部と地方でお盆の期間が違う理由としては

もちろん、旧暦から新暦へと変更されるときに

地方ごとに対応が異なったというのが大きいかもしれませんが

 

やはり、この現代においては、単純に同じ時期にしてしまうと

親戚、親類、家族が集まれないため時期がずれたのでは、と言われています

また、地方農家の方々にとっての7月という時期は

ちょうど忙しい時期に当たるためずれてきた、だとか諸説あるそうです

 

 

 

さて、お盆の時期に関して色々かいてきましたが

あくまでも参考程度でお願いしますww

なんせ同じ地域でも、お盆の時期変わることがあるようですので!

 

その土地々々によって様々なマナーや風習、慣例等があるようですが

ご先祖様の霊を迎えゆっくり楽しく過ごせるといいですね!!

ということで、お盆の期間についてでした!

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ