Sponsored Link

お盆休みのお知らせをしよう!店舗用の例文のご紹介!

今日もお盆についてのちょっとした疑問について

お答えしていこうと思います

 

 

さて、もうすぐお盆ですww

これは当然皆さんご存知な訳なんですが

 

もし皆さんが、自営業やお店を経営されていたりすると

お盆休みでお店を閉めるけど

張り紙や看板はどうしよう、何て書こうと

思われるかもしれませんね

 

 

今回は、そんな堅苦しい場面でなく

お店のシャッターであったり

カフェの軒先、ドアなんかに出すものとして

簡単な例文をご紹介しようと思います

 

 

お盆休みのお知らせ堅苦しくなくていい?

 

 

 

大きな企業間でのお知らせや取引先にお知らせするものではなく

個人経営であったりフランクなお店である場合は

あまり格式ばったものでなくシンプルなもので大丈夫です!

 

はじめに、お知らせ夏季休業のお知らせ、または

お盆休みのお知らせ、と書き

続いて、いつもお引き立てを頂きまして有難うございます

といった感じの謝辞を述べ

 

 

次に、誠に勝手ながら下記日程は、○○休みをいただきます、とし

正確に夏季休業期間、いつからいつまでを記し

最後にご迷惑をおかけしますが、何卒よろしくお願いします

と、いった感じでしめましょう

店舗名や連絡先を記しておいてもいいでしょう

 

 

 

とにかく、堅苦しい感じのお店でなければ

わかりやすく、正確に書くことが重要ですね

時々、バイトさんなんかも任されることがあると思うので

十分注意して書いてくださいね!

 

 

あと、お休みをとられる期間の数日前から

どこかわかりやすいところにあらかじめ出しておいて

お客さんに知っておいてもらうのも大事ですね!

 

 

こういったお知らせひとつとっても誠意を込めて

また、個性を表現できるといいですね!!

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ