Sponsored Link

お中元の時期はいつからいつまで?関東関西東海九州で異なる理由とは

お中元の時期はいつからいつまで?関東関西東海九州で異なる理由とは!

お中元やお歳暮と言えば

家族、兄弟、親戚に日ごろお世話になっている方や

そして、会社やビジネスのシーンでは取引先にと

感謝の気持ちを込めて贈るもの

 

でも、冷静に考えて

お中元の時期っていつからいつまで?で

いつ贈ればいいの?と

様々な疑問が出てきちゃいますよね

 

ということで、今回は

そんな疑問に加え、関東や関西、名古屋、九州などで

それぞれお中元の時期が違うと言われている

理由や真相に迫ってみようと思います!!

 

 

お中元はいつからいつまでに贈るもの?

 

 

日ごろからお世話になっている方に

感謝の気持ちを伝えるものですので

当然ですが礼儀やマナーが重んじられます

 

 

そう、なんと言っても

気をつけないといけないのが

このお中元を贈る時期

 

大きく分けると関東と関西で変わってくるのですが

実は日本各地方によって、異なってくるのです!!

 

 

その理由は

お中元の由来に起因していまして

 

中元と言うのはそもそも

道教の三元の一つで陰暦の7月15日を指し

その日に祭りが開かれ

 

その後、その文化が日本に伝わった際に

ご先祖様をまつる盂蘭盆会、いわゆるお盆と結びつき

そのお供え物を近所や親戚に配ったことから

お中元が始まったとされています

 

ですので、お盆の時期を

新暦でとらえる関東地方と旧暦でとらえる関西地方で

異なるようになったそうです

 

 

スポンサードリンク

 

 

ということで、お中元を贈る時期は

お盆行事が行われる時期によって

判断しますので以下の通りになります

 

 

北海道 7月下旬(15日からも)~8月15日まで

関東 7月1日~7月15日まで

北陸 7月1日~7月15日まで

 

東海 7月15日~8月15日まで

関西 7月15日~8月15日まで

中国・四国 7月1日~7月15日まで

九州 8月初旬から8月15日まで

 

 

ご覧の通り西日本と東日本で

くっきりわかれているわけですが

当然、上記の地域でもより細かい風習や文化により

異なってくることがあるので確認していただくようにお願いしますね!

 

 

 

最後にもう一つ注意点としましては

万が一送る時期を過ぎてしまった場合

 

特に、新暦(東日本式ですね)では

表書きをお中元ではなく時期に応じて

 

7月15日~8月7日頃まで 暑中御見舞

立秋(8月7日~8月末頃)  残暑御見舞

 

と、するようにしてくださいね!!

 

 

最近ではそういったことも

全てデパートや通販でも対応していただけるので大丈夫かと思いますが

しっかりとマナーに礼儀は守っていきたいですね!

 

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ