Sponsored Link

10月のオリオン座流星群見よう!ピーク時間に方角をチェック!

_IGP5435s
_IGP5435s / INABA Tomoaki

*追記あり

 

朝夕といよいよ本格的に冷え込んでくるようになってきた今日この頃ですが

今回の話題はこれ、オリオン座流星群です!!

つい先日は、皆既月食があり話題になりましたが

今日は流星群についてちょっと書いてみようと思います!

 

 

流星群といっても様々な種類があり

わりと一年を通じて何度か観測できたりでするので

すでに結構詳しい方やご存知の方も多いとは思いますが

ここでは、オリオン座流星群を見る時間や方角に注意点など

ご紹介していこうと思います!

 

 

オリオン座流星群時間に方角をチェック!

 

 

 

オリオン座流星群は、その名のとおりオリオン座の右腕あたりから

放射状に星が流れていくものなので、もちろん天候次第なのですが

1時間で10~15個ほどの流星に出会えるかもしれません

 

 

もしかすると、当日は朝からテレビの情報番組などで

多少、取り上げてくれるかもしれないのですが

そんなオリオン座流星群が観測できる日程は

 

 

10月21日の深夜から22日の早朝にかけてになります

 

 

オリオン座が見える方角自体は、深夜に南東から南の方角なのですが

流れ星ということでどの方向にも飛んでいくので空の全体を見渡してみるといいでしょう!

ピークの時間としては、深夜午前1時以降から流星群が極大になるらしく

大変深い時間ですがそのあたりに空を見上げてみるのがいいでしょう!

 

 

 

流星群を見る際の注意点

 

 

 

まあ、注意点というほどのものでもないのですが

流星群を上手く観測するためには

難しいですが、周りが明るいところは避けましょう

これは、多少街頭が少ない場所に移るだとか

光に背を向け、暗闇に目を慣らすなどして対策してみましょう!

 

 

後はやっぱり広い場所ですね

当然、周りが高くて明るいビルやマンションでは少し難しいかもしれません

そんな都合のいいところあるのかと私も思うのですがww

近くに小さな山やだだっぴろい広場があると好条件ですね!

 

 

 

その他の注意点としては

季節柄、防寒対策などをしっかりしていただくことに

普通に見上げて観測される方は首を痛めたりしないようにするのと

足元も注意して転倒したりしないようにしてください!

 

 

 

ということで、オリオン座流星群について

ちょっと書いてみました!

ちなみに来月はしし座流星群ですので、またかいてみようと思いますww

 

 

 

追記

さあ、ちょっとショッキングですよ!

こんなにつらつらとオリオン座流星群について書いちゃったのに

なんと、10月21日の夜から22日とかけて

天候がよろしくないみたいです・・・

 

九州北部、中国地方、北陸に東北と日本海側での観測は難しいそうで

比較的好条件なのは、沖縄県、奄美地方や九州南部、そして関東南部でも

上手くいけば観測できるようです

 

楽しみにしてたので残念なのですが

こればかりはどうしようもないですよね

天候がよくなるのを祈るだけですww

 

あとは、来月のしし座流星群にかけましょうww

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ