Sponsored Link

【パナマ文書とは】簡単にまとめてみました!合法、違法、問題点は?

【パナマ文書とは】簡単にまとめてみました!合法、違法、問題点は?

今年2016年世界中を揺るがす大問題となっているのが

いわゆるパナマ文書問題

しかし、まあパナマ文書と言われてもまだいまいち

ピンときてないなんて方もおられるのではないでしょうか?

 

ということで、今回はとにかく簡単に

わかりやすくこのパナマ文書問題について

世界中の動きやその違法性について

説明していこうと思います

スポンサードリンク

 

パナマ文書とは?

パナマ文書とは、パナマにある法律事務所

モサック・フォンセカによって作成された機密文書で

世界中の政治家や富裕層らのタックスヘイブンの

利用に関する情報が記されている文書です

 

タックスヘイブンとは、租税回避地と訳し

税金がかからない、または低い地域や国のことで

つまり、パナマ文書が明らかにしたことは

世界中の富裕層がタックスヘイブンに所得を移動させることで

税金逃れをしていたということなんです

 

合法なの?違法なの?

正直なところ、ここ日本においても

多かれ少なかれ大企業や富裕層は

税金対策のために何らかの策を講じているのは

想像に難くなかったわけですが

気になるのは合法なのか、違法なのか

ここが大きな問題ですよね

 

で、一応言ってしまえば、合法です

ですが、世界中は大混乱です

ここ日本を除いては!

 

実際、世界各国は司法当局や法務大臣が動き

調査が始まっていたり、法整備に乗り出したり

利用者に対する家宅捜査や法廷問題

もちろん民衆もデモなどで抗議となり

アイスランドやウクライナの首相は

辞任する事態となっています

 

このリストには、プーチン大統領やキャメロン首相の親類や

中国共産党のトップらの名前も載っているそうですので

当然、問題は長引きそうです

 

日本ではどうなの?

でも、日本では正直そこまで

大きな問題となっていないですよね

先に述べたように一応は合法な

行為ということもあるのですが

テレビがそれ以上を伝えないんですよね

 

だって、テレビのスポンサーさんも

タックスヘイブン利用疑惑がかかっているんですもん

電○さんとかもそうですよね

だから、日本では合法という印象だけを伝え

また、対岸の火事とも言いたげな外国だけの

問題のように報じているのです

※ちなみにケイマン諸島の時、日本はその利用世界2位でした

 

でも、はっきり言って合法とは言え

ただの脱法行為ですよ、税金逃れですよ

会社としてなんの実態もない業も行っていない

登記上だけで存在するペーパーカンパニーを

法律事務所に手数料を払って作って

そこに所得を移して、はいおしまい

で、誰の気がおさまるんですか

 

法整備が追いついていないだけの

事実上の脱税だ、と言う人も声も少なくありませんし

もっと言えば、タックスヘイブンにある企業の子会社に

実態がなければ脱税行為として摘発できる、とさえ

思うのですが、それも動いてくれないでしょうね、、

 

と言うか、タックスへイブン対策税制というのがあるのですが

それがちゃんと機能しているのかどうかもわかりません

日本国としてもこれからの対応が待たれます

 

とにもかくにも、パナマ文書は

日本時間5月10日午前3時に公開されます

しばしそのときを待ちましょう!

 

こちらの記事も良かったらどうぞ↓

【パナマ文書】噂される日本人企業や政治家に芸能人一覧は?

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ