Sponsored Link

節分に豆まきをする由来や意味とは?恵方巻きの方角は

setsubuntoha-imiyurai

2月といえば節分の季節

2月3日に豆まきをしたり恵方巻きを食べたりする文化として定着していますが

実際のところ皆さんはその意味や由来を知っていますか?

 

知っているようで知らない日本文化の一つ、節分について

今回はご紹介していこうと思います

 

節分の意味や由来とは

 

 

 

もはや当たり前のように行われている行事、節分

私も幼稚園の頃には鬼の面を被ったり

豆まきをしたりしていた記憶がありますが

福は内、鬼は外とおおまかな意味合いは知ってはいるのですが

本当のところとなると知らなかったりしますwww

 

 

この節分、読んで字のごとく季節の分かれ目を意味し

その時期に邪気(鬼)が生じるとされることから

それを追い払う意味を込めて始まったものらしいですね

 

その歴史は古く平安時代までさかのぼり

宮中行事として延喜式では追儺と呼ばれる鬼払いの儀式として

牛と童子の人形が大内裏に飾られたそうです

 

その後その文化が庶民の間に広まり

柊の枝に鰯の頭を刺したものを戸口にたてておいたり

邪気を払うものとして炒った豆で鬼をはらう行事として

伝わってきたとされています

 

 

 

そして、現在では当たり前のように

2月3日が節分の日となっていますが

じつはこれは、1985年から2024年頃までなんだそうです!!!

 

これは天体の運行や閏年の影響によって少しずつずれが生じてくるので

2025年、もしくは2021年からは2月2日になるみたいなんです

これは私も全く知らなかったですね、いい話のネタがはいりましたwww

 

 

 

さて、豆まきで邪気を払うと書きましたが

これは、かつて鞍馬山に現れた鬼を炒った豆で追い払い

災厄を逃れたという伝説に由来し

 

穀物自体が魔よけの力を持っているとされたことや

魔目(豆)を鬼の目に投げ邪気を払うという意味もあるようです

 

 

また、豆まきといえば

鬼は外福は内という掛け声でも有名ですが

一部の地域や神社では鬼を神と解釈することや

鬼と名のつく姓や鬼の名を持つ藩主に敬意を表し

鬼も内とするそうです

これも豆知識ですね(言いたくなかったけど言っちゃったww)

 

スポンサードリンク

 

恵方巻きを食べる理由や方角は?

 

 

 

節分といえば、その立春となる前日に

豆まきの他に恵方巻きを丸かぶりするといったことも

最近では広がってきましたね

 

これ私知らなかったんですけど

もともとは大阪の文化でそれ以外の地域の方は

あまり馴染みがないみたいなんですね

 

一応私は関西人なので

節分といったら太巻きの丸かぶりと思っていたので

めっちゃ驚きました!!

 

 

そして、当たり前のように恵方巻きといっていますが

実は1998年にセブンイレブンが商品化するに当たり

太巻きにその名を付けただけで

また、縁起がいいものとして食されたと伝わっているようですが

諸説多々あるのですが実は正確な由来はわかっていないようです!!

 

ということでいわゆる商業的なビジネスの一つとして

広まったというのが有力なところでしょうか?

関西人らしく現金な感じでございますwww

 

 

 

で、恵方ってどの方角なんだ?となるわけですが

歳徳神というその年の福徳をつかさどる神様が

在する方角を指し毎年変わってきます

 

2015年の場合ですと、西南西が恵方に当たります

実は細かく言うと何十何点5度とかの世界になるので

これで十分だと思いますww

 

ですので、西南西に向かって今年の幸福やお願いをしながら

大きく恵方巻きを丸かぶりをしてください(無言でするようです)

 

 

 

ということで、簡単にですが

節分の意味や由来について書いてみました

何はともあれみんなで幸せを願って楽しく過ごすのが一番ですよね!

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ