Sponsored Link

七五三内孫・甥姪へのお祝い金の相場は?内祝いお返しは?

どうも、こんにちは!!

今日も、前回に引き続きまして七五三関係の

マナーや疑問について答えていこうと思います!

 

今回のテーマはズバリ

おじいちゃんおばあちゃんがお孫さんへのお祝いとして

渡されるお祝い金の金額の相場やそれに対しての内祝いについてです!!

こういったお祝いごとの際いつも気になるのはその金額の相場ですよね?

 

あんまり包みすぎちゃって、他の親族にプレッシャーかけちゃっても

受け取られた側のお返しのプレッシャーになっても

とか、考え出しちゃうと結局わからなくなっちゃうんですよねww

 

ということで、ここではあくまでも一般的なものですが

ご紹介していこうと思います!!では、どうぞ!

 

 

お孫さんへのお祝い金の相場は?

 

 

七五三のお祝い金の相場ということなんですが

ここまで書いてきて大変申し訳ないのですが

実ははっきりとは決まっていません!!

 

はい、ピンきりなんです!

ご自由でいいんです!

 

とはいえ、それじゃ答えになっていないということで

あくまでも一般的な相場をご紹介しますね!

 

 

祖父母の方であれば、1万円から2万円

叔父叔母さんであれば、5千から1万円

その他親戚の方も5千円から1万円ほどとされています!!

 

ですが、あくまでもマナーやしきたりとされている

相場のひとつであるとお考えください!

 

おじいちゃんおばあちゃんはどうしても

張り切っちゃう方が多いようで

この相場よりは少し多めだそうですwww

 

 

この現金でお祝いを贈られる場合

 

表書きには、それぞれ

全年齢・男女共通では 七五三御祝 

三歳の男女には 賀御髪置(おんかみおきをがす)

五歳の男の子には 袴着祝(はかまぎいわい)

七歳の女の子には 賀御帯解(おんおびときをがす)と書き

 

袋はのし付きで水引は紅白蝶結びのものを

ご利用してくださいね!!

 

スポンサードリンク

 
また、最近では、七五三にかかる費用

たとえば晴れ着であったりの衣装代であったり

写真館での撮影費用などもろもろを合わせてみると

5万円から10万円とかかってしまうのも普通ですので

その費用をまかなうといった形で考えられる方も多いようです

 

そして、七五三のお祝いの神社へのお宮参りや

お食事会と招かれている場合は

少し多めに包む方が一般的だそうです

 

 

もちろん大事なのは金額ではなく

気持ちですのでそこのところをお忘れなく!!

 

あと、母方父方のおじいちゃん、おばあちゃんで

衣装など、贈られる物が被ってしまわないようにも

気をつけてくださいね!

 

親戚の方であったりは

おもちゃ、図書カードに文房具といったものを

送られてもいいですね!

 

 

内祝い(お返し)は半返し?

 

 

さて、次はこの話題です

日本では様々な行事でお祝いなどをいただくことがあり

 

その際に、お返しはもらった額の

何分の一返しだ、なんてことが言われたりしますが

この七五三における内祝いはどうなんでしょう?

 

 

はい、この場合はお子さんへのお祝いということで

基本的には不要なんです

 

ですが、もちろんそうは言っても、ということで

皆さんそれぞれお返しをされているようですね!

 

 

一般的なのは、

お食事の席を設けてお招きしたり

七五三での写真をまとめて

ちょっとしたアルバムにしたものをプレゼントされたり

 

お赤飯であったり、千歳飴また

ちょっとした菓子折り(3千円程度)を

贈られたりしているそうです

 

 

先ほど書きましたとおり

基本的に、子供のお祝いに対しての

お返しは不要なのですが

 

お子さんの写真はやはり喜ばれますし

そこに、お礼と感謝を込めたお手紙を

贈られるのがいいのではないでしょうか?

 

あまり堅苦しくならず

感謝の気持ちを素直に伝えましょう!!

 

 

ということで

七五三のお祝いの相場について書いてみました

少しでも参考になったらと、思います!

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ