Sponsored Link

ACASカードとは?4K/8K放送に必要?BCASとの違いは何?

皆さんはACASカード、もしくは

ACASチップというものをご存知でしょうか?

 

おそらくテレビ関係のものだとは思うのですが

既存のBCASカードとの違いや開始が迫っているという

4K/8K放送との関連も気になるところですよね

 

ということで、今回はそんな

ACASカード(チップ)について解説していこうと思います

 

ACASカードとは?BCASとの違いは?

まず初めにそもそもB-CASカードとは

一体何なんだ?ということで簡単に確認しておきますと

CASという言葉は、CONDITIONAL ACCESS SYSTEMの

頭文字をとったもので、日本語は限定受信機能と訳されます

 

2000年、BSデジタル放送が開始された時に

その放送を受信するために開発された受信カードで

WOWOWやスカパー!、BS-NHKに採用されることとなり

 

2011年の地上デジタル放送への完全移行により

広く一般に知られることになったシステムです

 

簡単に言うと、現在放送されている

テレビ放送、地上デジタル放送を見るために

必要な受信機と言ったところですね

 

では、ACASカードは何なのかと言いますと

従来の高精細度放送に比べさらに映像の解像度の高い放送である

4K/8K放送(スーパーハイビジョン)を受信するためのシステムとなっています

 

2018年内の運用を目指し開発が進められ

2018年の12月1日から、BS放送において

家庭向けの4K/8K放送が開始されましたのですが

現時点において地上波での4K/8K放送は予定されていません

 

また、ACASの登場によって

BCASカードが使用できなくなるということもありません

 

ACASカード(チップ)の発行、入手方法は?

BCASカードは、地デジ放送への移行の際に

発行するという手続きをとったわけですが

ACASカードの場合はどうなるのかと言いますと

 

こちらの場合は、あらかじめ受信機に内臓される形となっており

特に新たな手続き経る必要はありません

 

ですので、BCASのようにカードといったものではなく

ICチップを利用したものになるため、カードではなく

ACASチップと呼ばれることが多いかもしれません

 

とは言え、4K/8K放送チューナーの開発は

各メーカー自体でもそこまで進んでおらず

というか、そこまで手が回っていないのが現状で

 

USBのような形での外付けタイプの

受信機も想定されているようです

 

スポンサードリンク

 

まとめ

ということで、簡単にですが

ACASカード(チップ)について解説してみました

 

まあ、4K/8K放送を見るための受信機ということなのですが

BCASカードの貸与という形とは違い

ACASの場合は、受信設備を購入する消費者が

その費用を負担するのでは?といった問題や

 

新CAS(ACAS)協議会の運営のトップが

NHK職員で固められており、NHKの受信料であったり

衛星放送への加入を促すためなのでは?といった疑念や

放送法違反とも見受けられるような動きがあったりで

いまいち正しく国民に伝わっていない気がしますね

 

まあ、なにはともあれ

現時点においては地上波放送における

4K/8K放送は予定されていませんので

 

また、受信機自体がなければ

BSを見ている方にとっても関係がありませんので

もう少し、普及をまって色々と考えてみても

良いのではないかと思います

 

ぶっちゃけ、4K/8Kどころか

ブルーレイだって一般的には広まってないんですよね笑

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ