Sponsored Link

エアコンのドライとは?冷房との電気代や効果の違いを解説!

今年の夏はもう本当に洒落にならないくらい暑くて

皆さん、日々どう室温を下げたりだとか

熱中症対策からと苦心されていることだろうと思います

 

ですが、皆さんそのエアコンを使用する中で

ドライ機能の使い方や意味をわかっていなかったりしていませんか?

 

言葉の意味的には、除湿を指すものなのかもしれませんが

ぶっちゃけ、どう使えばいいのかわかりませんよね

ということで、今回はそのエアコンの

ドライ(除湿)機能について使い方や意味を

解説していこうと思います

 

エアコンのドライとは?冷房との違い!

エアコンのドライ機能と冷房の違いについて

解説させていただきますと

 

その名の通り、ドライ機能は

室内の除湿を主目的としたもので

冷房は室内の温度を下げる為の機能となっています

 

温度が高ければ高いほど

空気が蓄えられる水分の量も増えますので

メカニズム的には、除湿をすることによって

必然的に室温も下げることができます

 

ですので、部屋の湿度が高い状況においては

このドライ機能というのは

時に、冷房よりも室内の温度を下げる効果が

高いことこともありえます

 

ですが、注意していただきたいのは

エアコンの種類によって違いはあるのですが

 

このドライ機能には

一般的に「弱冷房除湿」と「再熱除湿」というものがあります

 

「弱冷房除湿」と「再熱除湿」の違い

ドライ機能における

「弱冷房除湿」と「再熱除湿」の違いは

 

どちらも当然、除湿のための機能となるのですが

弱冷房除湿は、湿度と温度を下げるものですので

 

部屋の空気がむんむんとして湿度が凄い

でもって、温度も下げたいというときに

使用していただく機能となっています

 

そして、再熱除湿はと言うと

単純に湿度を下げるための機能となっており

室温を下げずに除湿のみを行いたい

梅雨の時期に利用されることが多くなっております

 

使い分けとしては

部屋の温度も下げたいときは弱冷房除湿

湿度だけ下げたいときは、再熱除湿を

使用していただけたらと思います

 

ただ、再熱除湿機能に関しては

ちょっとお高めのエアコンにのみ搭載されていることが多いので

使用されているエアコンを確認していただけたらと思います

 

室温を下げたい場合は冷房、ドライ?

室内の温度も高い、湿度も高い気がする

そんな時は、冷房とドライどちらを使用すれば良いのか

わからなかったりしますよね

 

この場合は、やはり

温度を下げることを目的としている

冷房を利用していただくのが効率的となっています

 

ただ、ぶっちゃけ

あくまでも私個人の場合ですが

冷房よりもドライの方が室温を下げてくれる

効果が高かったりすることもありますので

 

一度お試しいただいたうえで

使い分けをしていただけたらと思います

 

まあ、まずは冷房で温度を下げて

それからドライ機能で除湿と言うのが

一般的かもしれませんが

 

ドライと冷房、電気代でお得なのは?

特に今年の夏は、猛暑ですので

エアコンがフル稼働でからだのためとはいえ

電気代が気になるという方も多いでしょう

 

そこで消費電力の観点から解説させていただきますと

再熱除湿>冷房>弱冷房除湿となっており

電気代もこれに依るところとなります

 

ですので、少しでも節約しお得に

エアコンを使いたいという方は

冷房、もしくは弱冷房除湿機能で

実際に室温がどう変化するのか

試してみることをおすすめいたします

 

スポンサードリンク

 

まとめ

ドライと冷房の違いは

単純に温度を下げるかどうかの違いですが

ドライ機能には、室温を下げつつ除湿するものと

下げずに除湿する機能がありますので

確認されてから使用していただきたいと思います

 

ドライと冷房の使い分けとしては

とにかく部屋の温度を下げたいのであれば

まずは、冷房

 

そして、そこから除湿をする云々を

考えていただけたらと思います

 

電気代に関しては

弱冷房除湿が一番お得になる計算ですが

これも設定温度によっては

冷房よりも割高となってしまうことがありますので

ご注意ください

 

とにかく、実際に使ってみて

しっかりと温度を下げることのできる機能で

まずは対策をするようにしてください

 

【熱中症対策】ポカリとアクエリどっちが良い?違いやダカラはダメ?

熱中症対策の冷えピタや熱さまシートに効果はあるの?【検証】

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ