今一般的に流通しているリュックに

多く見られるのが背中の部分についている

ブタの鼻のような2つの穴

 

まあ、デザインなんだとは思うけど

何で色んなメーカーやブランドのリュックに

それが付いているのか気になっちゃいますよね?

 

ということで、今回は

リュックについている2つの穴の意味や使い方

使い道はあるのか解説していこうと思います

 

リュックの2つの穴に意味があった?

鞄屋さんのリュックのコーナーを見てみると

本当にたくさんのバッグにブタ鼻とかコンセントと呼ばれる

2つの穴が付けられいることがわかるわけですが

 

これ実は、単なるデザイン的なものではなく

正式な名前としては「ピッケルホルダー」と言い

何となく想像できたかもしれませんが

 

そう、これは元々登山用をされる方が

その穴にウェブベルトというものを通して

ピッケルを運ぶために使われていたのです

 

下の画像にあるように

本来はこういったバッグには下の部分に

わっかがついていてこれと一緒に使われます

 

https://www.goldwin.co.jp

 

最近では、色々と登山やトレッキング用の

バッグも改良されてきたりで

ブタ鼻タイプじゃない物も増えてきているようです

 

ピッケルホルダーの使い方としては

こんな感じになっています

 

 

単なるデザインの場合もあるので注意!

このブタ鼻ことピッケルホルダーなのですが

最近のバッグでは、というか登山やアウトドア系の

バッグ以外ですと単にブタのお鼻みたいでかわいい

なんてことでデザイン的なところだけで

施されている場合がありますので

 

登山用、アウトドア用のリュックで

本格的な登山道具等やそれでなくても

ちょっと重たいものであったりを

取り付けて扱うのは避けておく方が良いでしょう

 

スポンサードリンク

まとめ

リュックについている謎の2つの穴の招待は

元々登山のためのピッケルを取り付けるための

ベルトを通す穴ということでした

 

今ではデザイン的なものだけで

付けられているケースも多いそうですが

意外にちゃんとした意味があったんですね

 

ちなみに今回ブタ鼻ブタ鼻言っていますが

割と山に登られる方もみんなブタ鼻と言っている方が

多い気がします笑