Sponsored Link

琵琶湖花火大会2018!入場規制席は何時から入れる?場所はどこ?

びわ湖花火大会は滋賀県だけでなく

関西有数の人気花火大会の1つですが

 

年々来場者数も増え、有料観覧席が設けられたり

入場規制エリアができたりと地元民でも

ちょっと困惑していたりします笑

 

今回は、そんなびわ湖花火大会の

一般観覧席の入場規制が敷かれる

エリアの場所や入場時間に何時までに

行くべきかついて解説していきます

※2018年度情報は随時更新していきます

 

びわ湖花火大会の観覧席エリア

先述しました通り

現在びわ湖花火大会においては

幾つかのエリアや観覧席が設けられているため

昔のようにブラブラしながら場所取り

場所探しなんてのが難しくなっています

 

では、まず観覧席がどういった

区分分けをされているか確認しましょう

 

※追記

2018年度は、新たに設けられる席が増え

昨年までの入場規制ありで無料の一般観覧場所が

有料の立ち見自由席となってしまいましたので

今年はなくなることが予想されます

詳細が判明し次第更新していきます

 

2018年度有料席図

 

2017年度観覧席図

https://www.biwako-visitors.jp

 

ご覧いただいてわかる通り

現在、観覧場所は有料観覧席

無料ですが入場規制がされる一般観覧場所

そして、規制なしの一般観覧場所に分かれます

 

入場規制ありの一般観覧席の場所・アクセス

入場規制ありの一般観覧席の場所ですが

こちらは、昨年の場合は琵琶湖岸にある

びわ湖ホールの裏手側で非常に見通しの良い

人気のエリアとなりました

 

アクセス方法としては

一番近いのが、京阪電車の石場駅から湖岸に向かうか

京阪の膳所駅、JRの膳所駅からでも比較的に

簡単にすぐにアクセスしていただくことが出来ます

 

 

何時から入場可能で何時までに行くべき?

入場規制エリアへの入場は14時からとなっており

昨年も早い時間帯から行列ができていましたし

状況によっては前倒しされることもあります

 

このエリアの中でも良い場所を探すのであれば

当然、早めにいかれた方が良いでしょう

 

定員は16000人と非常に多く感じるのですが

昨年は、午後5時32分に定員に達したようです↓

(PCからだと時間がずれて表示されるかもです)

 

 

 

とりあえず、入れたらよいという方は

特に焦る必要がないかもしれませんが

それでも、花火が19時30分~始まるのに対して

随分早い時間に定員に達してしまいますので

無料でも良い席で見たい方は注意が必要です

 

スポンサードリンク

 

まとめ

ということで、今回はびわ湖花火大会2018の

入場規制がされる一般観覧席の入場開始時間や

定員や何時までに行けばよいかまとめてみました

 

今年も当然午後5時30分あたりに

閉鎖されることもあると思いますので

利用を考えている方はお忘れなく

 

びわ湖花火大会の公式ツイッターでも

チケット情報や交通規制等が伝えられますので

ぜひ、フォローしておいてください!

 

こちらの記事も良かったらどうぞ↓

琵琶湖花火大会2018!有料席チケット発売はいつで値段や販売場所は?

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ