Sponsored Link

琵琶湖花火大会2018!有料席チケット発売はいつで値段や販売場所は?

今年も、琵琶湖花火大会2018のシーズンが近づいてきました

ということで、気になる花火大会の開催日程や

有料観覧席のチケット発売日はいつからであったり

料金からどこで買えるのかであったり紹介していこうと思います

 

※2018年度の情報が解禁され次第追記していきます

開催日時や公式サイトがオープンしました

※有料観覧席情報解禁されました(6月23日追記)

 

2018びわ湖大花火大会 概要

開催日程

2018年8月7日(火)開催予定

※荒天の場合は、8月10日(金)同時刻に延期

 

花火の種類・打上げ予定発数

テーマ:虹色の旅へ。滋賀・びわ湖

スターマイン、3~10号玉 約10000発

 

打ち上げ場所

大津市浜大津 滋賀県営大津港沖水面一帯

 

最寄駅・アクセス

JR琵琶湖線大津駅または膳所駅から徒歩約15分、

京阪電車浜大津駅から徒歩約5分

皇子山運動公園、皇子山陸上競技場など

JR湖西線大津京駅から徒歩約10分

 

花火大会場所や観覧場所は上記の駅につけば

既に人だかりができていると思うので

特に迷うことはないと思います

ただ、琵琶湖岸を目指して進んでください笑

 

また、特設駐車場などは作られませんので

というか、なぎさ公園の駐車場自体も閉鎖されますので

それ以外の駐車場を探さないといけなくなり

それも当然かなり数が限られていますし

 

交通規制もあったりでとにかく身動きがとれなくなる

可能性が大ですのでぜひ、公共交通機関を

利用するようにしてください

 

スポンサードリンク

 

有料観覧席チケット情報

とにかく、人でごった返すのが琵琶湖花火大会

デートでゆっくり、家族で小さいお子さんも

含めてゆったりとなると有料観覧席をとらないと始まりません

 

有料観覧席が設置される場所は

滋賀県営大津港管理用通路・修景緑地など

指定席で約27000席と今年は席数が増えているようです

 

発売日はいつから?

さて気になる発売日なのですが

今年2018年は7月2日(月)からの販売となりました

忘れずにチェックしておきましょう

 

 

どこで買えるの?販売場所や料金は?

今年は、今までの有料観覧席に加え

プレミア席、カップル席、カメラ席、自由席が

新設され選択の幅が広がりましたので

ますます楽しみが増えるのではないでしょうか?

 

有料観覧席の値段及び設置場所は

それぞれ以下の様になっていますので

ご確認ください

 

普通席:1席 前売券3,900円・当日券4,400円

プレミア席:1席 6,000円(チケットセンターの前売り販売のみ)

カップル席:1スペース(2席1組) 15,000円(チケットセンターの前売り販売のみ)

桟敷席:ペア席1升 15,000円・6名席1升 30,000円(チケットセンターの前売り販売のみ)

カメラ席:1枠 8,000円(チケットセンターの前売り販売のみ)

自由席(立見):一人 2,000円(チケットセンターの前売り販売のみ)

 

 

有料観覧席の販売場所は

以下の様になっています

 

  • 大津駅観光案内所
  • 石山駅観光案内所(びわ湖大津観光協会)
  • 堅田駅前観光案内所(びわ湖大津観光協会)
  • 京都新聞文化センター
  • 日本旅行
  • 近畿日本ツーリスト
  • チケットぴあ
  • ローソンチケット
  • セブンチケット
  • チケ探(チケタン)
  • イープラス
  • チケットセンター

 

上記の販売場所で

7月2日(月)より発売開始です

窓口での対面販売は現金のみの

取り扱いとなっていますので注意してくださいね

 

※ちなみにさっそくこんなことになっています↓

 

 

もちろんオンラインでも購入できますので

公式ホームページをチェックしてみてください

びわ湖花火大会公式サイト

 

まとめ

ということで、簡単にですが

2018びわ湖大花火大会についてご紹介させていただきました

ゆっくり楽しむには有料席は必須となってきますので

希望される方は早めに確保してくださいね

 

こちらの記事もよかったらどうぞ↓

琵琶湖花火大会2018!屋台や出店はある?場所やアクセスを確認!

琵琶湖花火大会2018!船上クルーズツアーのチケット発売日や値段は?

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ