Sponsored Link

【ブラックキャップ】猫やペットへの影響や食べてしまっても大丈夫?

【ブラックキャップ】猫やペットへの影響や食べてしまっても大丈夫?

http://www.earth-chem.co.jp/

 

私のような田舎に住んでいる人間としては

一年中悩まされることになるのが部屋や庭に出てくる虫たち

そして、それらの頂点に君臨するだろう存在が言わずと知れた

Gことゴキブリなのは間違いないでしょう

 

で、まあなんとか対策をしていこうということで

手に取ったは、アース製薬さんの「ブラックキャップ」

 

ですが、私には1つ気になることが

そうそれは、ペットや猫がいる家庭で使っても大丈夫なのか?

何らかの悪影響がでてペットが体調不良を起こしたり

食べてしまわないのか?ということ

 

ということで、今回はブラックキャップは

ペットや猫を飼っている家庭でも使用できるのか?

まとめていこうと思います

 

ブラックキャップは効果絶大!特徴は?

今、ゴキブリ対策にと非常に効果が高いと

言われているのがブラックキャップ

 

含まれている有効成分としは

フィプロニル(フェニルピラゾール系)というもので

 

これが、ブラックキャップの特徴である

  • 置いたその日から効果の出る即効性
  • 餌を食べたゴキブリの卵にも効く
  • 薬剤に対して抵抗力を持ったゴキブリにも効く
  • 餌を食べたゴキブリの死骸やフンを食べたゴキブリにも効く

といったような、効果の裏づけとなっています

 

で、まあそこまでゴキブリに対して効果を

発揮してくれるのは嬉しい限りなのですが

それだけに、逆にペットや猫たちへの影響が

気になってくるところです

 

スポンサードリンク

 

猫やペットへの影響は?食べても大丈夫?

とにかく、気になると言うことで

アース製薬さんのHPから調べてきました!

 

まず、ブラックキャップに含まれている有効成分である

フィプロニルはゴキブリに対して、非常に効果的なのですが

実際には、非常に微量な殺虫成分しか含まれていないため

例えば1個くらい食べてしまっても特に問題はありません

 

ですが、もしもの時の対策としては

以下のような注意書きがされていましたのでご確認ください!

 

(1)食べた量が1~2個の場合
牛乳や水を飲ませて、そのまま様子を見てください。

(2)食べた量が3個以上の場合
牛乳や水を飲ませて、念のため、本製品がフィプロニルを含有する製剤であることを医師または獣医師に告げて、診療を受けてください。

http://www.earth-chem.co.jp/

 

使用方法・注意点

使用方法としては、台所の隅や流しの下など

ゴキブリの生息する場所に5m2あたり2~4個設置するのが効果的で

1箱使うとさらに効果的だそうです

設置後、約6ヶ月効果が持続されるそうですので

一気に使ってしまっても大きな負担にはなりませんね

 

そして、大事な注意点が

まず、皆さんが薬剤に触れてしまったなんて時は水と石鹸で洗い流し

誤食された場合は、フィプロニルを含む製剤であることを

医師につげて診療を受けてください

 

次に、いくら少し食べてしまったくらいでは

猫やペットに影響はないのですが

 

実際に、使用される際は

ペットがもてあそんだり、食べたりしないような場所に

設置するようにしましょう

 

流しの下や棚の中であったり

絶対に猫ちゃんやペットが触れない

扉などで仕切られている場所がいいでしょう

 

とにかく、食べたり触れたりできないようなところに

設置するようにしてあげてください!

 

ちなみに、猫自体がゴキブリハンターとして

なかなか有能であることは有名なのですが

ブラックキャップの餌を食べたゴキブリを

猫が食べてしまっても大丈夫ですのでご安心を

 

 

まとめ

ということで、今回はブラックキャップが

猫やペットに及ぼす影響についてまとめてみました

 

成分的には、そこまで問題はないようですが

やはり、しっかり猫やペットたちが

触れられない、食べられない場所に

設置するようにしてあげてください

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ