Sponsored Link

【1月31日皆既月食】観測場所や方角に時間は?大阪や名古屋ではどう?

【1月31日皆既月食】観測場所、方角に時間は?大阪や名古屋では?

https://www.nao.ac.jp

今年2018年1月31日は、3年ぶりの皆既月食が

観測できるようで年末年始から話題になっていますね

しかも今年の皆既月食はブルームーンのそれとのことで

中には撮影してみたいという方もおられるかもしれませんね

 

ということで、今回は

2018年1月31日のブルームーンでの皆既月食の

観測方法や時間に撮影方法を解説していこうと思います

 

2018年1月31日皆既月食の時間や方角は?

3年4か月ぶりとなる皆既月食

しかも今回はひと月に2回満月がくるブルームーンでの皆既月食となり

観測することができたら非常にレアな経験となります

 

皆既月食はどこで見られる?

2018年1月31日の皆既月食ですが

日本全国において観測していただくことが可能です

 

ですが、お天気的には関東、関西

四国地方の太平洋側が好条件だそうです

 

日本海側は雪雲の影響で観測が

難しくなる可能性が高いとのことです

 

九州、奄美地方は時間がたつにつれて

雨雲が出てくるそうで観測するならば

早い時間が良いそうですね

 

つまり、大阪、名古屋に関してはともに

好条件が整っていると言えますので

次に紹介する時間や方角を参考にしながら

観測してみてください

 

スポンサードリンク

 

皆既月食の時間や方角は?

皆既月食のおこる時間や方角については

1月31日午後8時48分、東南東の空で欠け始め

 

午後9時51分から南東の空で

月全体が地球の影に入る、皆既食となり

午後10時29分ごろに食が最大となり

午後11時8分の約1時間にわたり

皆既月食が観測できると予想されています

 

ちなみに、前回の2015年4月4日の

日本における皆既月食はたったの12分間でしたので

1時間以上となっている今回は天気次第で多くの方が

観測することが出来るのではないでしょうか?

 

午後11時8分からは、徐々に欠けている部分がへっていき

2月1日の午前0時12分に南の空で部分食が終わります

 

まとめ

今回は、非常に貴重なブルームーンでの

皆既月食の情報についてお届けしました

日本全国において観測していただくことは可能ですが

日本海側は冬型の気圧配置となり雪が降る

予想がされているためにやや観測が難しいかもしれません

 

とにかく、観測される際は

寒さの対策をバッチリしたうえで挑んでください

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ