Sponsored Link

車の後ろや横の窓ガラスの曇りをとる方法!

冬になり冷え込んでくる季節となりますと

結構困るのが車のフロントガラスなどの曇りや霜なわけですが

フロントガラスは何となく車のパネルの設定をいじって

解消できたりするのですが

 

横や後ろの曇りってなかなかとれなくて

どうやって対策をしていいのかわからなかったりしますよね

 

ということで、今回は

そんな車の後ろや横の窓ガラスの曇りをとる方法を

紹介していこうと思います

 

車の後ろ横の窓ガラスの曇りをとる方法

車の後ろのガラス(リアガラス)の曇りをとるのも

基本的には、フロントガラスの曇りをとる方法と変わりません

 

リアデフォッガーを使う

リアデフォッガーとは

車の後ろのガラスにプリントされたオレンジ色の

電熱線のことで、この機能を使うことにより

ガラスが温められて曇りをとることが出来ます

 

では、この機能をどうやって使うのかと言いますと

※下の画像はトヨタのプリウスなのですが

どの車にも標準で装備されています

 

車の前の色々操作するパネルのところにある

四角に風の模様で「REAR」と記されているボタンをオンにするだけです

これにより後ろのガラスが温められて曇りが解消されます

 

 

https://toyota.jp/

 

ちなみに、ちょっと紛らわしいのですが

横の「FRONT」と書かれた扇形に風の模様のボタン

 

こちらは、デフロスターといい

フロントガラスに空気を送ることで

曇りをとる機能となっています

 

注意点としては

リアデフォッガーは電気の消費量が激しいため

エンジンをかけていない状態で長時間使用すると

バッテリーが上がってしまうこともあるため気をつけてください

 

外気導入をしよう

窓が曇ってしまう原因の一つは

車内の湿度が高いことによるものです

 

ですので、外気が乾燥している冬場の場合は

外からの空気を車内に取り込むことで

曇りの解消をしていきましょう

 

外気を取り入れるためには

下の画像の右の車に矢印が入ってくるマークを

オンにするだけです

 

https://blog.nissan.co.jp

 

なお、最近の車ではオートエアコン機能により

車側が勝手に内気循環、外気導入を切り替えてくれることが多く

このボタンがないこともあります

 

外気導入に関しては

窓を1,2センチあけてみるというのも

手っ取り早くて効果的です

 

エアコン(A/C)を使おう

実は車内に暖かい空気を送るためには

エンジン熱を利用しているため

A/Cボタンは押さなくても暖房機能は使えるのですが

(逆に涼しくするときは冷やす必要があるのでオンにしてください)

 

このA/Cには、除湿機能がありますので

こちらもオンにしていただくことで

車の曇り取りに一役買ってくれます

 

冬場は、走行中に暖房を使っていて

曇ってくるなんてこともありますので

そういった場合も、こちらをオンにして

除湿してみてください

 

スポンサードリンク

 

まとめ

ということで、車の後ろのガラスの

曇りをとる方法を幾つか解説してみました

とりあえず、車のエンジンをかけたら

リアデッフォガーをオン、A/Cもオンと操作してください

 

また、横のドアに関しては

特に方法があるというわけではなく

単純に、外気を導入して湿度を下げたり

A/Cの除湿機能で対策していただくことになりますので

ちょっと時間がかかるかもしれませんが

曇りがとれるまで気長に待ちましょう

 

フロントデフロスターにしろ

リアデフォッガーにしろ、車種によって

マークや表記に多少の違いがあるとは思いますので

一度、所有されている車のカタログなどで

確認しておかれると良いですね

 

では、冬場も安全運転で行きましょう

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ