Sponsored Link

カジノ法案メリット・デメリット!日本人の制限はなぜでパチンコは?

自民党、公明党により

カジノを含む統合型リゾート施設(IR)実施法案が

合意に達したことにより、いよいよ動き始めた

日本におけるカジノ計画ですが

 

カジノと聞くと、どうしてもギャンブルですので

あまり良いイメージもなくそのメリットであったりが

想像できないかもしれません

 

ということで、今回は日本における

カジノのメリット、デメリットそして

パチンコがどうなるのか、また日本人には

色々制限があるみたいだけど何で?といった

疑問について解説していこうと思います

 

カジノ法案とは?

メリット、デメリットを紹介する前に

そもそも、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)実施法案

カジノ法案とは何なんだということを

簡単に確認しておきますと

 

現時点において、カジノは

競馬や競艇といった公営ギャンブルと違い

賭博法により罰せられる違法行為なのです

 

ですので、そのカジノを含んだ施設を

作ることが出来るように

合法化を目指すというものなのです

 

勘違いされている方も多いのですが

あくまでもカジノを含んだ施設であり

カジノだけを作ることを目的としたものではなく

ホテルや飲食店施設、レクリエーション、会議場

展示施設等と一緒にカジノの運営が

できるようにするというものです

 

ちなみに、IRとは

Integrated(統合型)Resort(リゾート)の意味です

 

カジノのメリット・デメリット

メリット

では、まずカジノが出来ることよる

メリットについて紹介していきますと

 

当然、観光客からの外貨獲得の機会が増えますので

経済的な効果が見込めることとなります

先ほども申しました通り、カジノだけを作るのではないので

周辺施設も当然その恩恵を受けることになるでしょうし

上手く観光客を誘導すれば、カジノのある地域以外にも

それは波及していくでしょう

 

また、カジノやその施設が出来ることにより

雇用創出の機会が増えることとなり

失業者や求職者の救済につながるとも言われています

 

デメリット

・ギャンブル依存症

カジノは、どうしてもあまり良いイメージもなく

当然懸念されるのはギャンブル依存症の増加

法案成立に反対する議員の方もこれを理由に

挙げられる方も多く目下の問題点とも言えます

しかし、入場料に6000円が必要であったり

日本人に関しては週3回、月10回までといった

制限がされることで対策もとられてもいます

 

・治安の悪化

ギャンブルということで、やはり

良からぬ人が集まってきて治安が悪化し

元々の観光地としての機能も失われるのでは、といった声や

反社会的な勢力が日本にはびこる危険性

そしてマネーロンダリングに使われるのではといった

ことも心配されています

 

日本人の入場制限はなぜ?

今回のカジノ法案を聞いた時に

日本人には、週3回、月10回の入場制限があり

日本人にのみ、入場料金が6000円がかかるとのことで

ちょっと不思議に思われた方もおられるかもしれませんが

 

ギャンブル依存症対策の1つとして

上記のような制限がされているのは

海外のカジノにおいても普通というか当然のことで

 

ギャンブル依存症が疑われる人に対して

指導研修が行われたり、本人確認により

過去にそうであったかどうかの確認や

 

利用予定額を事前に申請する必要があったり

シンガポールでも、日本と同じく

自国民や永住者からは入場料金を取っていますし

 

とにかく、海外のカジノおいては

本人確認からギャンブル依存症の啓蒙、相談、治療

カウンセラーへの案内からと徹底的に対策がされています

 

日本において、このカジノ法案を通すのであれば

まあ、そもそも日本人のためではなく

基本的には海外からのお客さんのためのものですが

やはり海外のようにもっと対策を練っていく必要があるでしょう

 

ただ、ギャンブル依存症を大いに懸念されている

議員さんたちは何故パチンコに対して

一言もおっしゃられないのでしょうかね笑

 

スポンサードリンク

 

パチンコはどうなる?なくなるの?

では、続きましてパチンコについてです

パチンコについてだけは、あれだけいがみ合っている

与党と野党が大変仲がよろしく

 

カジノに反対する議員さんもパチンコについての

ギャンブル依存症については言及されなくて

私たちも表向きは不思議だなあ笑、なんて思っていますが

 

なんだかんだで規制が進み

パチンコ業界も斜陽産業だと言われ

売り上げも全盛期の半分近くまで減ってきています

 

では、そんな中でカジノ法案が成立すれば

パチンコはどうなるのか、と言いますと

正直カジノが出来たからといって

直接の影響は特にないと思われます

 

そもそも、カジノとパチンコでは

客層が違うと思いますし

カジノ自体もまずは全国に3カ所の設置から

始まるわけですので

 

もしパチンコがさらに衰退していくような

ことがあれば、それは自然の流れでしょう

 

もしかすると、政治家の方が奇跡的に

パチンコに対しての働きかけを

することによる影響もあるかもしれませんが、、

 

そして、パチンコに関しては

正直、なくなって欲しいという意見を持たれる方も多いでしょう

ですので、カジノを応援するという声もよく聞かれます

 

個人的にも、パチンコ自体はこれから

やはり大変な時期を迎えるのは間違いないと思うのですが

実は、パチンコ業界自体がカジノへの参入を

はかっているという事実もあるのです

 

サミーなんかは、すでに韓国のカジノと

提携していますので

もしかすると、既存のパチンコ業界は

カジノへと方向転換を進めていくかもしれないですし

その流れに乗れなかったメーカーは衰退するかもと

業界の再編があることはまちがいないでしょう

 

カジノにお客さんを奪われたどうこうではなく

新たな一手が打てるかどうかといったところでしょう

 

まとめ

今回は、カジノ法案のメリット・デメリット

そして、日本人の入場制限やパチンコ業界への

影響などを私見を交えながらまとめてみました

 

個人的には、カジノ法案で

デメリットとなる面をしっかり対策をし

パチンコにおけるグレーな部分を

すっきりさせてくれると嬉しいのですが

まあ、無理でしょうね!

 

こちらの記事もどうぞ↓

【カジノ】日本の候補地や場所はどこでいつできる?

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ