Sponsored Link

コインチェック騒動まとめ!原因や危険性に倒産等を簡単に解説します!

昨年末あたりから話題になっている仮想通貨

どこか皆さん怪しい、よくわからないといった感じで

静観していたという方も多いのではないでしょうか?

 

そして、そこにきての仮想通貨の取引所であるコインチェックから

なんと580億円にものぼる仮想通貨NEM(ネム)が流出したということで

ほら、やっぱり!なんて声も聞こえてきそうですが

実際のところどういったことが原因で何が起こったのかわからない

という方もおられるかもしれませんね

 

ということで、今回のコインチェックでのハッキング

仮想通貨流出騒動についてすごく簡単に解説していこうと思います

 

コインチェックと仮想通貨って何?

仮想通貨とはその名の通り仮想のお金で

インターネット上で決済や送金に使用することのできる

電子データの一種ということですね

 

有名なビットコインはすでにビックカメラなどの

実際の店舗においても決済に導入していますので

ビットコイン払いなんてことも可能となっています

 

また、仮想通貨=ビットコインという認識の方も多いと思いますが

仮想通貨というのは、ビットコイン以外にも実は数千種類あると言われ

それらはアルトコイン(オルトコイン)と呼ばれています

 

そして、今回の騒動の発端となったのが

そのアルトコインの中でも主要なコインの1つ

NEM(ネム)というわけなんです

 

では、コインチェックとは何なのかと言いますと

それらの仮想通貨を販売したり、取引のできる場所ですね

今回のコインチェックは出川さんのCMでお馴染みですので

名前だけは知っているという方も多いと思います

 

ローラさんのDMMや成海璃子さんのビットフライヤーなども

販売所や取引所の1つですね

 

コインチェックに何があったのか?原因は?

今回の騒動をざっくり言いますと

コインチェックにおいて管理されていた仮想通貨

時価580億円分のネムが不正に外部に送金されたということで

まあ、簡単に言うと誰かに盗まれたわけなんです

 

現在のところ、どこの誰がどこの国からのアクセスで

といったことは調査中だということで詳細は不明なのですが

結局のところ、誰かによりハッキングされ

盗まれてしまったということには変わりません

 

流出の原因は何だったのか?

では、原因は何だったのかと言いますと

これまた簡単に言いますと管理体制が甘かったからです

 

もうちょっと言いますと、マルチシグ(マルチシグネイチャー)という

まあ複数のカギを用意することで例えどれかが

ハッカーに攻撃されたとしても他のカギで

守ることができるよ!といった技術を採用していなかったからなのです

 

記者会見では、そのあたりもお金をかけて

強固にするようにつとめていたとおっしゃられていたのですが

いやいやいや、そこは初めからちゃんとしないといけないでしょ!と

思わず突っ込んでしまいましたね笑

 

金融庁の認可を受けていなかったから?

また、コインチェックは金融庁の認可を未だ

受けていないためみなし仮想通貨交換事業者という体で

業務を行ってきたことから、そのあたりにも

原因があるのでは、と思われている方も

おられるかもしれませんが

 

これは、単純にコインチェックが扱っている

アルトコインの中にセキュリティは強いが

犯罪などに使用された際に政府や捜査機関でも追跡できない

匿名コインが含まれていたことによると思います

 

スポンサードリンク

 

お金は返ってくる?保証は?

こればっかりはわかりません

記者会見では、流出の原因から何から

調査を進めているとのことでしたが

 

コインチェックにある100万円の保証というのも

今回の事案に適応されるものではないために

そこからの保証は当然受けることが出来ませんし

 

会見では、不正送信の送金先はわかっているため

基本的には大丈夫みたいなことをおっしゃられていましたが

どこにそこまでの根拠があるのかわからず

正直、返ってくる可能性は低いような気がします

コインチェック補償発表!ネムは返金されるも大損で他のコインは?

 

これからの対応に関してましては

引き続きコインチェックのサイトやツイッターなどで

注視していく必要がありそうですね

 

 

仮想通貨やネムがヤバイ?

今回の騒動を受けて、仮想通貨並びにネムに関しても

やっぱり怪しい!といった意見もあるようですが

そのあたりは個人のとらえ方ひとつですので

何とも言えないのですが

 

一つ言えることとしては今回の騒動の原因は

ネムや仮想通貨ではなくそれらを販売している

コインチェックの管理体制ということになります

 

ですので、ネムのLong Wonさんも

 

 

出来ることはするけど

あくまでも原因はマルチシグでしっかりガードしていなかった

コインチェックのせいだよ、とおっしゃています

 

コインチェック倒産の可能性は?

業界最大手の1つでCM等もバンバン打ちまくっている会社ですが

資本金で9200万円、社員数も100人にも満たないという

実は小さな会社だったりしますので

 

580億円の損害を顧客から出してしまったとしたら

まあ、普通に考えると倒産は避けられないでしょう

 

ただ、会社の実態としてどうあるのかが

非上場企業のために把握することが難しく

なんとも言えないのが正直なところです

 

ぶっちゃけた話、他の仮想通貨の取引による

手数料でめちゃくちゃ利益はあるはずですので

他の企業からの買収含め

どう対応していくのか気になるところです

 

てか、代表取締役の和田晃一良さんと取締役の

大塚さんで株式の過半数を所有しているんだから

もう少し開示できる情報あると思うんですがね、、

 

まとめ

ということで、コインチェックのハッキングからの

580億円にも上る仮想通貨の流出事件を簡単に説明してみました

 

今回の件は、私個人の意見やわかりやすくするため

表現が大雑把になっている点もありますので

詳細はコインチェックからの発表でご確認ください

 

で、最後になりますが

私のネムはどうなるんですか!コインチェックさん!

 

まあ、私は基本的には別の取引所を使っていたため

かつごく少額の保有数でしかなかったために

損害は大きくはないのですが、やっぱり不安です

 

あと思ったことは、記者さんは仕事なんですから

もうちょっと基本的な知識を身につけてから来てほしいですね笑

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ