サッカー日本代表がコパアメリカ2019に

参加することになり結構な盛り上がりを見せています

 

とは言え、よく知らない方からすると

なぜ、南米の大会に日本が招待され出場できるのかであったり

ベストメンバーでは参加できないよ!なんて噂を聞き

どういうことだとなってしまいますよね

 

ということで、今回は

コパアメリカについてなぜ日本が招待されたのか

メンバーはどうなるのか等解説していこうと思います

 

コパアメリカとは?なぜ日本が招待されるの?

今回、日本が約20年ぶりにコパアメリカに参加するということで

サッカーファンの間では盛り上がっているわけですが

そもそもこのコパ・アメリカとは何ぞやと言いますと

 

これは、南米サッカー連盟(CONMEBOL)が主催する

世界で最も古いサッカーの大陸選手権大会となっており

原則4年ごとに開催されています

 

簡単に言うと、欧州サッカー連盟(UEFA)における

欧州選手権(EURO)の南米版ですね

 

なぜ日本が南米サッカー連盟の大会に?

今回の、コパ・アメリカへの参加を聞き

なぜアジアの日本が招待されるのか

疑問に思われた方も多いと思います

 

これはもう簡単な話で

南米サッカー連盟の加盟国は10ヵ国しかなく

加盟国だけで開催するとなると

あまりにも少なすぎますし

 

例えば、予選グループなども

きりよく3チームや4チームで作れないために

例年加盟国10にプラスして2か国が招待し

全12か国で争うことにより

体裁を整えようという意図があるわけです

 

で、なぜ日本なのかと言いますと

特に日本というわけではなく

参加してくれそうなところには参加の打診をしています

 

でも、当然ヨーロッパの国々が

わざわざ参加するメリットかないですよね?

※実際今回もスペイン、ポルトガルが拒否ってます

ですので、必然的に参加する国は

北中米の国が中心となってきます

 

ちなみに、今回のコパ・アメリカ2019は

カタールでのワールドカップもあるということで

参加の打診をうけカタールが参加するということもありますし

 

日本は、今回1999年以来の20年ぶりということですが

参加の招待はずっとされていますし

2011年も震災がなければ参加予定となっていました

 

まあ、日本の場合は

特にお金目当てみたいなところがありますかね笑

(ただ、それも今回はカタールにもってかれましたかね?)

 

スポンサードリンク

 

ベストメンバーや海外組は参加しない?

さて、コパ・アメリカの話題となるとよく聞くのが

ベストメンバーじゃないからどうなんだろ?

海外組なんか来るわけないし、意味がない!

なんて噂かもしれません

 

これは、どういうことかと言いますと

先日のアジアカップのような大会の場合は

各選手が所属するクラブに選手を参加させたくないという

拒否権が認められていないのですが

 

コパ・アメリカの場合は

クラブに拒否権があるためにバリバリ活躍している選手は

当然、クラブ側(厳密に言うとJFAとの調整により)がそれを固辞するため

特に海外組の招集は難しくなるのです

 

 

また、Jリーグ側からしても

開幕からの大事な時期に何人も主力選手を

貸し出すのに合意するわけはないので

国内組に関しても選考がかなり難しくなるということなのです

 

昔から、セルジオ越後さんなんかは

ヨーロッパと親善試合組めないんだったら

コパに参加して南米各国と凌ぎを削ってこい、と

おっしゃられていましたが

 

実際問題、参加するにしても

海外組を含めたメンバーどころか、国内組であっても

招集するのが難しい面があったために

積極的に参加してこれなかったという背景があるのです

 

ちなみに、今回のメンバーとしては

東京五輪を見据えたU-22の主力組に加えて

欧州でちょっとくすぶってしまっている

現状を打開したいメンバーが呼ばれるのでは、とされています

とにかく、若手中心の選考になることでしょう

 

まとめ

ということで、コパ・アメリカに日本代表が招待される理由や

ベストメンバーで参加できない理由などまとめてみました

 

コパ・アメリカって

アルゼンチン、ブラジル、パラグアイ、コロンビア

チリといった強豪が参加していますので

大会自体はかなり面白いこと間違いないので

ぜひ、日本代表と合わせてチェックしてみてください

 

コパアメリカ2019の地上波テレビ放送はある?時間や日程をチェック!

中島翔哉の欧州4大やPSG移籍の可能性を契約期間や年俸から推察!