Sponsored Link

家電の段ボールや箱は捨てるべき残すべき?修理や引っ越しに必要?

引っ越しや転勤、入学などを機に

家電を揃えたりするわけですが

その中で結構悩んでしまうのが

 

電化製品等の段ボールや箱は捨てるべきなのか?

保管しておくべきなのか?なんてことではないでしょうか?

 

今回は、そんな家電等の段ボールをどうすれば良いのか?

注意点を交えて解説していこうと思います

 

家電の段ボールは捨てるのが正解?残すべき?

私自身も、学生時代は初めての1人暮らしということで

色々と家電を揃えてワンルームに乗り込んだわけですが

どうしても、学生ですのでその先ずっと住む場所ではないため

これからまた引っ越しがあるかなと思い

 

その時の為にと、家電の段ボールを保管しておいたのですが

これがまあいくらたたんで平たくしたと言っても

めちゃくちゃ場所をとるんですよね

 

これが一軒家の場合でもマンションの場合でも

おそらく似たような状況になるのではないでしょうか?

 

基本的に家電と段ボール並びに梱包材は

すぐに処分してしまった方が良いです

 

単純に場所もとってしまいますし

段ボールは紙ですので、当然、経年劣化し

いざというときには使えない場合もあったり

 

また、段ボールにもけっこう埃がかぶってしまったりとで

掃除も増えて面倒くさくなってしまいます

さらに、ダニとか虫の温床にもなってしまったりもするので

保管をするにしても注意を払う必要があるのです

※ぶっちゃけ管理が適当だとゴキさんが卵産んだりします

 

とは言え、段ボールや梱包材を保管しておいた方が

良い場合もありますので確認しておきましょう

 

保管しておくべき家電の段ボール

これは、簡単に言うと中古市場が確立されていたり

割と短期間で買い替えたりする家電ですね

 

例えば、Apple社のMacbookなどがそうですね

これは最新のものが発売されると、売却し

新製品を購入するというケースが多いので

 

こういったものに該当する場合は

段ボールはもちろん梱包材の有無も

売却する際の査定に大きくかかわってくるので

場所をとるかもしれませんが保管しておきましょう

 

また、ゲーム機器の箱も保管しておくべきでしょう

理由としては、売却する際の査定もそうですが

故障した際、修理に出すことになるわけですが

結構、箱自体に保証書がついていますので

少なくとも、保証期間中は保管しておきましょう

 

捨ててしまっても良い家電の段ボール

捨ててしまっても良い場合は

その家電を壊れるまで使うといった場合や

大型家電製品の場合が挙げられます

 

そもそも、冷蔵庫や洗濯機といった

大型家電は業者さんに配送され設置さてた時点で

段ボールや梱包材も一緒に引き取ってもらえるのであれですが

もし、手元に残っているという場合は捨ててしまっても良いでしょう

 

修理の際に、必要になるのではと思われるかもしれませんが

基本的に、大型家電は訪問修理に対応していますし

それ以外の例えば電子レンジや扇風機といった家電も

持ち込み修理に対応してもらえますので必要ありません

 

また、引っ越しの場合であっても

業者さんが梱包用の段ボールから緩衝材と

何から何まで用意してくれるので必要ありません

 

スポンサードリンク

 

保証書関係や説明書は注意!

ゲーム機器で所で書きましたが

箱に保証書が印刷されているものや

 

いくら、捨ててしまっては良いと言っても

段ボールや箱の中をしっかりと確認して

保証書であったり、説明書等は手元に置いておくようにしましょう

 

保証関係は、家電購入時にも

箱をとっておいてくださいと言われるケースもあるので

その時点でも注意しておくことが大事ですね

 

まとめ

ということで、今回は

家電製品の段ボールや箱は捨てるべきかどうかについて

メリット、デメリットを解説してみました

 

売ったり保証書がついているものは残すべきですが

基本的には、段ボールはめちゃくちゃ虫がわきやすいので

捨ててしまっても良いでしょう

 

また段ボールも自治体によっては

捨て方が指定されている場合がありますので

そちらも確認しておいてください

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ