Sponsored Link

ドコモのアイフォンは格安スマホで使える?SIMロック解除は必要?

キャリア契約のスマホから格安スマホ、格安シムへの

移行を考えたときに、気になってくるのが

今使っているスマートフォン端末がそのまま使えるのかどうか、

ということではないでしょうか?

 

できるなら普段から愛用し、愛着もあり慣れ親しんだ

アイフォンを格安シムで運用できるとすごく助かりますよね

ということで、そんな今お使いのアイフォンが

格安スマホ・シムに対応しているのか解説していきます

 

今使っているアイフォンは使えるの?

ということで、さっそく解説していきますと

今現在皆さんがお使いになってるドコモのアイフォンは

幾つかの条件付きながら格安スマホ・シムでお使いしていただくことが可能です

 

ドコモ回線利用のMVNOなら問題なし

まず、特に問題なく使用していただける方法をご紹介しますと

ドコモ回線を利用しているMVNO(格安スマホ事業者)を利用することです

同じドコモの回線を利用するのでSIMロック解除という

わずらわしい作業をしなくて済むのでおすすめです

 

※SIMロックとは、簡単に説明しますと

日本の場合、スマホは端末と通信費がセットで販売されており

その契約したキャリアでしかその端末は使用することができないようにと

キャリアがかけたその名のとおりロックです

 

現在、多くのMVNOがドコモ回線を利用しているので

特に大きな問題はないと思われます

mineo(マイネオ)でもドコモ端末が使えるようになり

一部のアイフォンの動作も確認されているので

選択に困ると言うことはないでしょう

 

お手軽に、今お使いのアイフォンを

格安スマホ・シムで運用していただくとなると

上記のような方法になるのですが

 

どうしても、au回線を利用したMVNOのプランが気になるので

そちらを契約したいと言う方もおられるでしょう

その場合は、先ほど申しましたSIMロックを解除して

他社のSIMカードを利用できるようにする作業が必要になります

 

そのSIMロック解除には、幾つか条件がありますので

それらを確認していきましょう
[cc id=22 title=”アドセンス”]

2015年5月1日以降に販売されたアイフォン

SIMロック解除義務化を受けてから販売されたアイフォンですね

具体的に言いますと、iPhone 6s、Phone 6s Plus、

iPhone SE、iPhone 7、iPhone 7 Plus、これらの端末であれば

SIMロックを解除することが可能です

 

そしてさらに以下の要件を満たすことが必要となってきます

 

  1. ネットワーク利用制限等の各種ロックがかかっていないこと
  2. 利用料金の支払実績が確認できること
  3. 契約者本人が購入した機種であること
  4. 端末購入日から6か月以上経過していること
  5. すでにドコモを解約済の場合は、解約日から3か月以内であること

 

これらの条件を満たしていれば

SIMロックを解除していただき

au回線のMVNOも利用していただくことができます

 

ちなみにSIMロックにかかる費用は

ネット上なら無料、店頭なら3000円となっています

 

まとめ

ドコモのアイフォンであればドコモ回線を利用した

MVNOではそのまま利用可能で、それ以外の場合は

SIMロックを解除する必要があるということでした

 

個人的には、ドコモ回線のMVNOを利用するのが

わずらわしい作業もなく非常に楽チンだと思います

(実際私もそうしました)

 

最後に注意点としましては

基本的にドコモ回線を利用しているMVNOなら問題ないのですが

各MVNOによって動作確認端末が変わってくることもありますので

契約をされる際は必ず確認していただくようにお願いします

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ