Sponsored Link

イースターの伝統料理や定番の食事は何?国ごとに違いも?

今年2018年もイースターが近づいてきましたね

新たな文化の登場ということで、さっそく

ごり押しだの何だのと言われちゃっていますが

 

あまりネガティブな意味にとらえないで

思いっきり楽しんでみるのありですよね

ただ、イースターは日本人にとって馴染みがないものですので

定番の食事や伝統的な料理に何があるのか

知らなかったりしますよ

 

ということで、今回は

イースターで食べられている

定番料理や伝統料理を紹介していこうと思います

 

イースターの伝統料理や定番の食事メニュー!

今年2018年のイースターは、4月1日ということで

日本ではエイプリルフールの印象がまだまだ強いの

なんかしっくりこない気もしますね笑

イースターとは何のお祭りで日程はいつなの?新たな定番イベントに?

 

では、定番料理のご紹介ということなのですが

まず、イースターにおいては

西方教会(ローマ・カトリック教会、聖公会、

プロテスタント、アナバプテストなど)と東方教会(正教会)ともに

 

復活祭の前に四旬節および大斎という

お祈りをし節制につとめるという期間があり

肉や乳製品に卵(東方教会では魚肉も)を

食することが禁じられます

 

ですので、肉や乳製品が

解禁される復活祭においては

一般的にそれらをもちいたお菓子やケーキ

パンといったもの、子羊を使った料理が

食卓に並ぶことが多くなります

 

また国ごとに定番料理や伝統料理に

違いがあるようですので

簡単にですがチェックしていきましょう

 

アメリカ

アメリカにおいては、毎年ホワイトハウスでの

エッグハントがニュースになりますが

定番メニューといったらデビルドエッグ

名前はちょっと怖いのですが

ゆでたまごを使った簡単料理で人気です

 

https://www.kewpie.co.jp

 

ドイツ

ドイツでは、オスターフラーデンという

円形のパンケーキやウサギの形にした

オスターハーゼというものが定番となっています

 

https://www.chefkoch.de

 

イタリア

イタリアでは、ハトをかたどった

菓子パンのパネットーネが定番で

主菜には仔羊を使った料理が好まれているようです

 

ちなみに、仔羊の料理はイギリスやドイツなどの

ヨーロッパ諸国、アメリカにおいても定番となっています

もっとも最近では仔羊を食べるのはかわいそうということで

仔羊の形のパンなどを食べることも多いそうです

 

http://www.il-centro.net

 

スウェーデン

スウェーデンではある意味イメージ通り?で

ゆで卵をアンチョビと一緒に食べたり

サケや仔羊を使った料理も親しまれています

もちろんセムラなども定番のお菓子ですね

 

https://ippin.gnavi.co.jp

 

ポーランド

ポーランドでもやはりパンケーキ系のお菓子は定番で

その他、ゆで卵、ソーセージ、ハム、

セイヨウワサビなどの御馳走が並ぶそうです

けっこうがっつり食べるイメージのようですね

 

スポンサードリンク

 

まとめ

ということで、簡単にですが

イースターで食されている定番伝統料理を

幾つか紹介してみました

 

北欧などは特に保存の関係から燻製や

酢漬けにしたものが多かったりで

地方ごとの特色も出あり面白いですね

 

海外ではやはりイースターとなると

町全体がイースターエッグなどの装飾が

施されたりでお祭りのようになるので

それこそ出店などでお肉をがっつり

食べたりなんてことも多いそうです

 

日本ではまだなじみがないですが

日本ならではの菓子パンやケーキ

たまご料理、お肉料理を食べてみるのも

いいかもしれませんね

 

なぜイースターにバニー(ウサギ)が出てくるの?意味や理由は?

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ