Sponsored Link

FireTVStickとは何?出来る事や月額料金に必要なものは?

FireTVStickとは何?出来る事や月額料金に必要なものは?

https://www.amazon.co.jp

 

今回のテーマは、ずばり

FireTVStickとは何ですか?についてです

 

Amazonのブラックフライデーやら、サイバーマンデー

クリスマスに、セールと売れ行きのナンバーワンを記録するFire TV Stickなので

名前だけは聞いたことがあるという方も多いと思うのですが

 

実際には、一体に何ができて、何をするためのものか

知らないという方も多いのではないでしょうか?

 

ということで、Fire TV Stickについて

解説していこうと思います!

 

Fire TV Stickで出来ること!

Fire TV Stickは、簡単に言うと

ネットストリーミング動画やコンテンツを

テレビ画面で楽しむためのツールで

 

  • Amazonプライムビデオ・ミュージック
  • Hulu
  • Netflix
  • YouTube
  • DAZN

 

上記のような動画配信サービス等が

テレビの大画面で見られるようになります

 

※AmazonがGoogleのChromeCastというFire TV Stickと

同等の機能を持つ製品の販売を停止したことを受け

喧嘩中だった両社なのですが

この度、遂に2018年の1月1日からFire TV Stickにおいて

YouTubeの利用ができなくなるという発表がされました

ですので、YouTube動画の閲覧を主な目的として考えておられる方は

購入を控えていただいた方が良いでしょう

 

つまり、HuluやNetflixを契約してアメドラを楽しんでいたという方や

DAZNやabemaTVでスポーツやバラエティなどを見ていたという方が

テレビの大画面でご覧になっていただくことができるということです

 

まあ、すっごく簡単に言いますと

ネットをテレビで楽しむための道具ということです

 

Amazonの商品ですので、プライム会員に登録しておかなければ

使えないの?と不安に思われる方もおられるかもしれませんが

まったく、そういうことではなく、普通に利用していただけます

 

ただ、Amazonプライム会員、個人的には

かなり便利だなと思います

 

その他、対応していればゲームアプリを

テレビでスマホのゲームをやった楽しむこともできます

無料のアプリもあるのでいいですね

 

スポンサードリンク

 

Fire TV Stickに必要なもの、環境

もしかすると、ネットをテレビで使うということで

大変難しい作業が必要になるのでは、と思われた方もおられるかもしれませんが

必要な環境や物も特別なものはなく、以下の通りとなっています

 

  • インターネット回線
  • Wi-Fi接続
  • HDMI端子対応のテレビ

 

ネット回線は、ネットをテレビに写すということで

そもそもの話になるので大丈夫でしょうし

Wi-Fiはいわゆる無線LANが備わっておればオッケーですね

テレビにHDMI端子があるかどうかは確認していただく必要がありますが

よほど小さなテレビでない限り、ほぼ搭載されているのではないでしょうか?

 

あとは、複雑な設定も不要で

HDMI端子対応テレビにFire TV Stickを挿すだけで

簡単にセッティングができちゃいます

 

値段はおいくらで月額料金は?

Fire TV Stickのお値段は、4980円

これを高いととるか、安いととるかは人それぞれなのですが

個人的には、思った以上に便利でしたし

 

やっぱりうちの小さなテレビ画面とは言え

iPadよりかは幾分大きいのでドラマやアニメ、スポーツを

見るにしても満足度がかなりかわりました

 

また、Fire TV Stickを見るのに一切月額料金等はかかりません

必要となるのは、あくまでも別に契約している

HuluやNetflixのような動画配信サービスの料金のみとなっています

Amazonプライム会員であれば3900円ですね

 

気になる方は、Amazonのセールの時期にでも合わせて

チェックしてみてください!

 

まとめ

Fire TV Stickについて、簡単にですが解説してみました

ネットコンテンツをテレビで楽しめるというシンプルなものですが

思いのほか使えるアイテムですので気になる方は

ぜひ、チェックしてみてください

 

というか、CMでも何ができるのが

全く説明してないの意味わかりませんよね笑

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ