Sponsored Link

藤井八段誕生最短はいつ?昇格条件は羽生竜王に勝利?

今巷を席巻している話題の1つと言えば

やはり、将棋界の若き新星藤井聡太棋士

4段に昇格しプロ棋士に仲間入り後は

大旋風を巻き起こし彼の趣味から昼食からと

注目を集めているわけですが

 

何よりも注目を集めているのは

その藤井聡太棋士の実力で

4段昇格から怒涛の快進撃を続け

6段昇格パーティーを迎える前に

あっという間に7段へと昇格し

各方面をてんやわんやさせてくれています笑

 

さて、そんな藤井聡太7段ですが

皆さん次に気になるのはやはり8段への昇格

今回はその8段昇格について最短ではいつなのか

その条件は何なのか解説していこうと思います

 

藤井八段誕生最短はいつ?

2016年9月3日、14歳2カ月で4段に昇格し

62年ぶりにひふみんこと加藤一二三九段の持つ

最年少棋士記録を更新して注目を集めることに

なった藤井聡太棋士ですが

 

2017年度は、29連勝、朝日杯優勝と快進撃を続け

2018年5月18日には、15歳9カ月という

7段昇格最年少記録をも更新しました

 

ということで、次なる目標は8段昇格となるのですが

その条件とはどういったものなのでしょうか?

 

規定によると

  • 竜王位1期獲得
  • 順位戦A級昇級
  • 七段昇段後、公式戦190勝

上記の3つの条件のいずれかを

満たす必要があります

 

となると、少なくとも

今年度中に藤井8段の誕生が実現する

可能性を考えると

 

順位戦だと単純に最短で3年後

公式戦190勝というのも

昨年が51勝でしたので

わかりやすく毎年50勝で計算しても

4年後となりますので

 

どれだけ順調の勝ち続けていったとしても

2018年度の8段昇格は現実的に無理な話となり

※強けりゃ強いでシードもありますし

 

竜王位一期獲得というのが

唯一可能性があることになります

 

羽生竜王に勝つことが条件?

となると、おわかりいただけるかもしれませんが

最短で8段昇格となるには

昨年「永世七冠」を達成した将棋界のレジェンド中の

レジェンド羽生善治竜王に勝利するということなのです

 

もちろん、羽生竜王に挑戦するにしても

5組の戦いを勝ち抜いて、さらに各組の上位

11名による挑戦者決定トーナメントを

勝ち抜く必要があり

 

そして、10月~12月に行われる

7番勝負において羽生竜王に

勝利しなければいけないのです

 

一応、藤井八段誕生は

最短で2018年の11月あたりになるのでしょうが

単純に挑戦権を得るだけでも

かなり困難な道のりということですね

 

ルール改定で有利になった?

さて、藤井八段誕生への道のりは

上記の通りだったのですが

 

なんと、ここにきて

6月1日付で8段昇格への条件が

1つ追加されることが発表されたのです

 

その新たな条件というのが

タイトル2期獲得というもので

 

藤井7段は、今期は

王座戦と棋王戦においても勝ち残っていますので

それらのタイトルを奪取することでも

八段昇格条件を満たすことになるのです

 

これに関しては

タイミングが良すぎて忖度だ云々言われていますが

一応この改定は3月から検討されていたようで

藤井7段とは全く無関係とされています

 

まあ実際に強いので

疑っても仕方ないですよね

 

スポンサードリンク

 

まとめ

ということで、今回は

藤井7段の八段昇格は最短でいつになるのか

そして、その条件についてまとめてみました

 

ひふみんが持つ18歳3か月での八段昇格記録を破るのか

師匠である杉本昌隆七段より先に昇格するのか

注目したいところです

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ