Sponsored Link

墓じまいにかかる費用の平均や相場は?永代供養とか誰が払うの?

お盆の季節となると

話題にあがることも多くなるのが

墓じまいであったり、永代供養の話

 

これも一つの時代の流れなのでしょうか?

家族が離れた地域に住んでいたりで

お墓の管理ができなくなり

お墓を撤去する墓じまいが増えてきているそうです

 

新たにお墓を設けて改葬という形をとられる方も

増えているそうですが、いずれにせよ

もとのお墓は処分されるということで

 

それにかかる費用や相場などに

注目が集まっているようです

 

ということで、今回は

墓じまいにかかる平均的な費用や相場

そして誰が誰にどういった名目で

お金を払う必要があるのか

解説していこうと思います

 

墓じまいの手続きの流れ

一口に墓じまいと言いましても

実は、当たり前と言えば当たり前なのですが

結構な手続き、手順を踏む必要があります

 

では、まず墓じまいをするにあたっての

大まかな流れを確認しておきますと

以下の様になります

 

  1. 御遺骨、骨壺の確認
  2. 墓じまい後の御遺骨の納骨先の決定
  3. 墓じまいをする旨のお寺、霊園への通達
  4. 「埋葬証明書」や改葬先への「受入れ証明書」「改葬許可申請書」の手配
  5. お墓を撤去していただく石材店の決定

 

墓じまいをするにあたっては

当然、御遺骨の状態であったりを

正しく確認しておく必要があり

 

また、この先御遺骨を

公営墓地におさめられるのか

永代供養をなさるのか

はたまた、散骨をされるのか

決めていただきます

 

次に、皆さんがお住まいの地域の自治体から

「埋葬証明書」や「受入れ証明書」「改葬許可申請書」を

発行していただく必要があります

 

どういった申請書が必要になってくるかは

自治体によって変わってきますので

墓じまいをお考えでしたら、まず初めに

相談されてみるのも良いでしょう

 

そして最後にお墓の撤去に関する相談

受け入れ先へ納骨といった流れになります

 

墓じまいにかかる費用の平均や相場は?

先に解説させていただきました通り

幾つかの手順を経て墓じまいを行うのですが

その相場であったり、平均的な費用は

いくらくらい必要になってくるのでしょうか?

 

かかる費用の内訳とともに

確認していきますと

 

まず、お墓の墓石の撤去にかかる費用から

これは、もちろんお墓の規模にもよるのですが

約10万円から30万となっています

 

そして、次に埋葬証明書など

自治体に発行していただく書類にかかる費用ですが

 

これは墓じまいをするにあたり

散骨にするのか改葬にするのかによっても

そして自治体によっても変わってくるのですが

数百円から数千円となっています

 

次に、お墓に宿る神様、仏様の力を抜く

閉眼供養、魂抜きという儀式を行うのですが

これには、およそ1万円から5万円をお布施として

僧侶の方に用意していただくことになります

 

と、ここまでは皆さん

おおよそそういった費用がかかるのだろうな、と

理解していただけたと思いますが

 

ちょっと厄介?でわかりにくく

近年墓じまいにおけるトラブルとなっている

離檀料について気になられているのではないでしょうか?

 

離檀料は超高額?

離檀料というのは、わかりやすく言えば

今までお墓を管理していただいたお礼としてのお布施で

当然、法律で明確な金額が決まっているわけではありません

 

あくまでもお寺さんと皆さんそれぞれの

関係性の深さによるところが多いのですが

約15万円から20万円と言われています

 

数百万円を請求されたという

トラブルも報じられてはいますが

常識的には上記の数値内でおさまるはずです

 

墓じまいを検討されているのであれば

とにかくお住まいの地域の自治体の行政窓口

そして、お寺の方に相談されると良いでしょう

 

特にお寺の方には

あらかじめ相談しておきますと

印象も変わってきます

 

と、単純計算でここまで約60万円ほどの

費用がかかってくることになりますが

 

これに加えて、最後に必要となってくるのが

最終的な御遺骨のおさめ先にかかる費用となります

 

スポンサードリンク

 

永代供養にかかる費用は?

墓じまいをし、新たに御遺骨をどうするのか

近年そう言った面においても多様化してきているようですが

やはり、永代供養を選択される方が多いようです

 

永代供養とは

不特定多数の方を合祀するというもので

一般的に最初に経費を支払えばそれ以上は必要なく

この先将来供養していただけるというもので

 

自分たちがまだ元気なうちは、といったことから個別で

こまめに通うことは出来ないから合祀で、といった風に

個別での供養、合祀での供養と選択していただくことも出来ます

 

個別では約30万円、合祀では約10万円が相場と言われていますが

当然、御遺骨を納められる場所、形式により

金額は変わってきます

 

誰が墓じまいの費用を払うのか?

では、最後にこのテーマ

誰が墓じまいにかかる費用を負担するのか

法的にな決まりごとはあるのか、という点について

 

墓じまいに関して

例えば、どこかの霊園で

お世話になっているという場合であれば

 

当然、話を具体的に進めることが出来るのは

法律的な権限、霊園の使用権を有している方となるのですが

それはあくまでも手続き上の話であり

 

墓じまいに関する費用云々に関して

誰が払うべきなのか等は法律等で

決められているわけではなく

あくまでも、当事者同士の問題となります

 

もちろん、お墓の承継者に関しては

民法によって定められており

その者が費用を負担することになるのですが

 

例えば、それは長男が行うものとする、といった感じで

定められているわけでもありませんので

もし、墓じまいをお考えでありましたら

まずは、親族の方としっかりと話し合ってから

進めていただけると良いでしょう

 

もし、こういった手続きから手配からと

難しくてわからないというのであれば

専門的な知識をもっておられる業者の方に

相談されてみるのもおすすめです

 

というか、それがトラブルもなく

良かったりします

日本相続事務代行

ミキワの墓じまい新規見積申込み

 

まとめ

今回は、墓じまいにかかる

平均的な費用や相場に関して

解説させていただきました

 

費用としては、

墓じまいから合祀での永代供養となれば

6,70万円ほどになるかもしれませんが

 

新たに別の場所にお墓を設けるのであれば

当然新たな墓石の費用として100万円~とかかってきますし

納骨費として約10万ほどかかると思われます

 

ですので、墓じまいを検討された時点で

納骨の方法から何からと考えてみる必要がありますね

 

特に、墓じまいと言うのは

単にお寺さんと個人だけの関係でなく

行政への手続きも必要となってきますので

 

先にご紹介させていただきました

専門的な業者に相談されてみるのも良いでしょう

ちなみに、よくドラマとかである

海に散骨してほしいとかってやつも

ちゃんとした手続きが必要なんですよ

 

私自身も実は、直面している問題で

先日、お盆にお墓参りに行った際

お隣のお墓がなくなっているのを見て

色々考えないといけないと実感させられました

 

皆さんも、ぜひ

あらかじめじっくりと行政等に相談してみてください

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ