Sponsored Link

京都原谷苑の桜2018!しだれ桜の開花時期や見頃に料金・アクセス情報

原谷苑桜見頃アクセス

※開苑日等追記あり

桜を思う存分楽しめる時期が来たということで

さまざまな桜の名所や穴場をご紹介してきましたが

今回ご紹介する原谷苑は、まさに穴場と言えるのではないでしょうか?

 

もちろん有名な人気スポットなのですが

落ち着いた雰囲気でゆったり楽しめると思います

 

では、さっそく原谷苑の桜の見頃や

アクセスについて見ていきましょう!

 

原谷苑の桜が凄い!開花時期や見頃は?

元々は戦後のガラクタで溢れかえる荒れ果てた土地

そこから桜やもみじなどの鑑賞樹、柿、栗、林檎などの

果樹木などを植樹するも養分のない不毛の地のため

桜以外はほとんど根付きませんでした

 

しかし、桜が評判を呼び

いっぱいにも公開されるようになりました

 

原谷苑の桜祭り

開苑期間

梅:3月10日~

桜:3月24日~の予定

開花状況により変更になる場合もあります

 

開苑時間

9:00~17:00(入苑受付16:30まで)

 

入苑料

(おとな)1,500円

(小・中学生)500円

(小学生未満)無料

 

ちなみに料金は桜の開花状況によって割引かれることもあり

最低300円から最高1500円となっています

 

駐車場はないため、自家用車でのアクセスは禁止

公共の交通機関を利用してください

個人の庭園を一時的に公開されているだけなので

ルールはきちんと守りましょう!!

 

シャトルバスはあるの?

金閣寺からのシャトルバスが例年出ているのですが

今年の情報はまだ公開されていません

また、臨時の不定期運行なので事前の確認が必要です

 

※今年2018年のシャトルバス情報が公開されました

3月31日から運行予定

わら天神宮前付近と原谷苑西門の間をピストン運行いたします。

わら天神宮前発が午前9時始発、午後4時最終便になります。

わら天神宮は、はま寿司さんの30メートルほど北にあります。

市バス停留所ではありません。

 

開花時期や見ごろはいつ?

例年の開花時期を見ると4月上旬

見頃は4月中旬と言われています

しだれ桜に関しては天候状況の最寄りますが

4月上旬の開花予想が見込まれています

 

3月下旬あたりには、早咲きの桜はもう咲きはじめ

目玉の一つともいえる八重紅桜はつぼみが色づいてきていて

開花を感じさせるころあいとなっています

 

詳細は、原谷苑公式サイトやFacebookでも

確認していただくことができます

 

お食事メニューも公開されましたので

あわせてチェックしてみてください

 

スポンサードリンク

 

アクセスや混雑状況は?

【市バスをご利用の場合】

地下鉄北大路駅や衣笠立命館大学前駅バス停などから

京都市バスのM1系統にご乗車され

原谷農協前もしくは原谷終点で下車後、徒歩2分です。

 

【タクシーをご利用の場合】

地下鉄<北大路駅>またはJR<円町駅>より約10分

阪急<西院駅>より約15分

金閣寺のタクシー乗り場、もしくはわら天神前から約5分

 

【歩いてアクセスされる場合】
市バス北1系統源光庵バス停より約2.5km (所要時間:約30~40分)

鹿苑寺金閣より、約2.2km (所要時間:約30~40分)

御室仁和寺より、約2.1km (所要時間:約30~40分)

 

アクセスに関しては上記の通りですが

市バスに関しても大変な混雑になり地元民に迷惑をかけないようにと

タクシーなどの利用が勧められています

 

京都駅からタクシーで原谷苑までだと

およそ3000円ほどの料金と20分ほどの時間を要します

 

穴場と言うことでご紹介しましたが

先ほどから書いている通り

例年大変な混雑と賑わいを見せます

 

 

まとめ

今回は京都の桜の名所にして

穴場スポットとも言える原谷苑を紹介しました

 

アクセス手段が限られていてかつある程度費用もかかることもあり

また、入苑料も変動するとは言え必要となってくるので

いわゆる桜をみてぎゃーぎゃー騒ぐと言った光景はなく

大人な雰囲気で落ち着いて鑑賞することができますので

大変おすすめのスポットとなっています

 

とにかく広大な敷地に広がる絶景を楽しんでください

お弁当にお料理といったお食事もあるので

事前にチェックしておいてくださいね!!

 

4月中~下旬でも間に合う京都の遅咲き桜の名所

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ