Sponsored Link

ハンターハンター連載再開と休載の歴史!腰痛完治で次の休載はない?

週刊少年ジャンプで連載されている(こともある)

超人気漫画といえば、ハンターハンター

あの15年にもわたる連載をトップシーンで駆け抜けたNARUTOよりも

一年も前の1998年14号から連載が開始され

すでに連載期間は19年のとなっています

 

ですが、その長期連載の反面

休載が大変多いことでも知られています

冨樫仕事しろ』なんて名言まで生まれる始末

 

今回は、もはや、ジャンプに載っていること自体奇跡とも言われる

HUNTER×HUNTERハンターハンターの

休載と連載の歴史を振り返っていきたいと思います

 

ハンターハンター連載と休載の歴史

1998年の連載開始から

まさに少年漫画の王道を行くような展開で

当時は少年だった私も夢中になったものです

 

とは言え、当初から割りと休載率が高かったので

その歴史を細かく振り返るとえらいことになりますので

長期休載にスポットを当てて紹介していきます

 

まずは、最初の長期休載となるのが

 

2006年2月~2007年10月 1年8ヶ月

人気の高いキメラ・アント編の途中での長期休載

ほとんど下書き状態のネームのまま

掲載されることも多くなってきていましたので

遂にこのときが来たか、といった感じでしたね

 

2007年12月~2008年2月 3ヶ月の休載

連載再開の報を受け、ファンは

これでやっとキメラ・アントが進むと喜んだのもつかの間

再び休載ということで、冨樫先生を心配する声

一方、ゲームがしたいのか、と噂されることも

 

2008年5月~2008年9月 6ヶ月の休載

もはや、休載に何の違和感も抱くことのなくなった私たち

冨樫先生自身は、この年同じく漫画家である

武内直子先生との間に長女を授かっていることもあり

こちらが大きな要因では?なんて噂も

 

2008年12月~2009年12月 1年の休載

 

2010年6月~2011年8月 1年2ヶ月の休載

キメラ・アント編が佳境に入るも

またしても1年を超える大型休載へ

ちなみにこの時あたりから腰を悪くされていたそうです

 

2012年3月~2014年5月 2年3ヶ月の休載

キメラ・アント編が終了し、会長選挙や

人気キャラであるアルカの登場もあり

再び盛り上がってきていた中での休載

2012年は、インフルエンザ感染からの

関節炎、腱鞘炎と併発されていたようですので

少なくともこの年はゲームに夢中だったわけではないでしょう

 

2014年9月~2016年4月 約1年8ヶ月

物語が大きな転換を迎えてからの長期休載

私たちは慣れました

ですが、実際は2014年からは重度の

腰痛に悩まされていたそうです

 

2016年7月~2017年6月 約1年

暗黒大陸編、そして遂に

あのヒソカさんが旅団の団長クロロと対決し

めちゃくちゃ面白くなってきた中での休載が明け

遂に2017年6月より連載が再開されました

 

ただ、ヒソカや旅団関係の話があまりないので

個人的にはちょっと残念だったりします

これからの展開に期待ですね

 

 

スポンサードリンク

 

脅威の休載率

ちなみに長期の休載ということではなく

休載率でご紹介しますと以下の通り

2015年は、ついに100%の偉業達成なのですが

個人的には、冨樫先生のジャンプ連続掲載記録が

25年でストップしたことに寂しさを感じますね

 

休載率
1998年 8.1%
1999年 31.3%
2000年 27.1%
2001年 33.3%
2002年 37.5%
2003年 20.8%
2004年 53.1%
2005年 35.4%
2006年 91.7%
2007年 83.3%
2008年 58.3%
2009年 95.9%
2010年 58.3%
2011年 66.0%
2012年 70.8%
2013年 95.8%
2014年 81.3%
2015年 100.0%

(ニコニコ大百科より)

 

休載原因は何?

冨樫先生の休載については

ファンのほとんどがそしておそらく

冨樫先生自身も理解しているであろう

趣味のゲームが好きすぎることでしょう

 

とは言え、実はそれ以外にも

鬱のような症状に悩まされていたことが噂されていたり

2014年には、重度の腰痛に苦しめられていた

なんてことがあり、一概にはゲームだけが

原因ということではないかもしれませんね

 

しかし、私はドラクエ11の存在に脅えています

 

次の休載はいつ?もう休まない?

冨樫先生クラスにまでなると、こっちなんですよね

連載再開ではなく、次はいつまでもつのか?

そんな話まで出てきてしまうのですが

 

ジャンプの巻末コメントによれば

良い理学療法士の先生に出会われ

今までの悩みの種であった腰痛を克服されたそうですので

もしかすると、腰痛が原因の長期休載はないかもしれませんね

もちろん、ゲームは別です

 

まとめ

以上、ざっくりとですが

ハンターハンターの連載と休載の歴史を振り返ってみました

正直なところ、ハンタは休載、連載再開というのが

ひとつのマーケティングになっていることもあり

大ヒットの要因の一つとなっているとも言えるでしょう

 

だって、休載期間中こそ散りばめられた

伏線についての考察や最強論争と盛り上がったりするわけで

休載期間が長すぎて、連載を読んでいるだけでは

前に何をやっていたのか忘れちゃうわけで、、

 

まあ、そんなこんな色々ありますが

今回も、冨樫先生がんばってください

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ