Sponsored Link

井上尚弥の身長や出身高校にプロフィール!結婚して嫁と子供がいる?

日本ボクシング界、そして世界のボクシング界を

見渡しても最強との呼び声が高い井上尚弥選手

 

はっきり言って彼に関しては

そんじょそこいらのチャンピオンとも一線を画すほど

物が違うまさにモンスター

 

ということで、今回はそんな井上尚弥選手について

プロフィールや戦績などまとめてみようと思います

 

井上尚弥選手のプロフィール

井上尚弥選手は、1993年4月10日神奈川県座間市出身

大橋ジム所属のプロボクサーで現在25歳

 

身長163センチで通常体重は60キロほどということで

小柄な割に体重があるので相当筋肉量があるのでしょう

 

ボクシングは小学一年生から

元アマチュアボクシングの選手でジムの経営もされていた

現在もトレーナーである父慎吾さんの

指導の下そのキャリアを歩み始めました

 

ちなみに尚弥選手の弟拓真選手も同じくプロボクサーで

世界王座獲得への期待が高まっています

あと、お姉さんもおられるのですが

この二人の弟さんをかなり溺愛されています

 

さて、そんな井上選手ですが

やはり怪物、小学生のころには中学生に打ち勝ち

高校一年生でインターハイ、国体、選抜の三冠

二年生で全日本アマチュアボクシング選手権準優勝

三年生時にアマチュア7冠と圧倒的な成績を残しました

 

そんな彼でももちろん無敵ということではなく

時に敗北を喫することもありましたし

2012年のロンドンオリンピックの選考会では

決勝で敗退し銀メダルとなり

オリンピック出場を逃しています

 

2012年のプロ転向後からの快進撃は皆さんご存知の通り

圧倒的な破壊力を持つパンチを武器に12戦12勝10KO

日本人最速となるプロ6戦目での王座獲得と8戦目での2階級制覇と

ぶっ飛んだ成績を残しておられます

※田中恒成選手が5戦目で王座を獲得し記録更新

 

そんな驚異的なパンチ力で有名な彼ですが

ライトフライ級時代は減量に苦しみパワーが半減していたそうです

それでWBC世界ライトフライ級王者に上り詰めたのですから

意味が分かりませんね

 

さらに、20の頃の彼の身体能力は同世代の男性の

身体能力、握力や反射神経、動体視力、筋力とそこまで変わらない

平凡なものだったというのですからまた驚きです

 

現在、WBOスーパーフライ級王者の彼

これからも具志堅さんの持つ防衛記録を抜くべく

快進撃を続けていくことでしょう

 

ただ、1つだけ心配なのが、彼怪我が多いんですよね

パンチ力に拳がついていかないのかなんなのかわかりませんが

2015年には手術もしているのでそれだけが気がかりです

 

スポンサードリンク

 

井上尚弥選手はすでに結婚して子供もいる?

さて、モンスターや怪物なんて呼ばれている彼ですが

普通に見た目はさわやかな青年ですから

(お父さんはちょっと強面ですが)

女性からの人気もあることとおもうのですが

 

実は、2015年に相模原青陵高校の同級生で

ペットショップの店員さんである咲弥さんと

7年の交際を経て結婚されています

 

互いの家も徒歩で10分ということで

ずっと家族ぐるみのお付き合いをされてきたそう

なんか漫画の主人公みたいですね

 

なお、現在まだお子さんはおられないのですが

子供は3人欲しいんだそうです

 

まとめ

ということで、簡単にですが

井上尚弥選手についてまとめてみました

 

強い選手としか戦わないと契約にまでいれた井上選手

多かれ少なかれ、どんな選手でも相手を選ぶのですが

井上選手は本当にそれがありません

 

きっとこれからも期待を裏切らないファイトでわかせてくれるでしょう

今年は、たぶんバンタムに上げると思うので

三階級制覇も目前です 期待するしかないですね

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ