Sponsored Link

Jアラートの音がうるさい?通知を解除して鳴らなくする方法!

Jアラートの音がうるさい?通知を解除して鳴らなくする方法!

北朝鮮からミサイルが発射されることが増え

国内外の緊張も高まりつつある昨今ですが

その中で話題となっているのが、その北朝鮮から発射される

ミサイル情報やその他にも自然災害や

地震速報等を知らせてくれる「Jアラート

 

いきなり鳴ってもどうしたらいいのかわからない

結局、訳がわからないうちに通過していた、なんて意見もあるのですが

地味に?結構多い意見が「音がうるさすぎる」というもの

 

もちろん、ミサイルは私たちの生活スタイルなど

気にしてくれるはずもありませんので

朝早くに爆音で鳴って睡眠を妨害されたなんて言われ

何故か、厄介者扱いまでされちゃってます

 

ということで、今回は

そのJアラートの音が鳴らないようにするための設定について

解除方法をご紹介しようと思います

 

Jアラートが鳴る条件

そもそもJアラートの通知を受信するためには

  • 通知設定がオンになっていること
  • 圏外や電源がオフでないこと
  • 受信対応端末であること

が、大まかにあげられるでしょう

 

現状、主要キャリアであるドコモ、ソフトバンク、auで

販売されているスマホは基本的にJアラートを受信することができ

最初からその設定がオンとなっていることがほとんどです

 

また、格安SIMを利用したスマホでは

受信が出来ないという噂がありますが

Jアラートが受信できるかどうか、は

端末が対応しているかどうかに依存していますので

端末メーカーサイトからご確認ください

 

ということで、このJアラートを鳴らないようにするには

単純に、受信設定をオフにすればいいだけなんですね

 

ドコモ(エリアメール)の解除方法

スマートフォンのアプリメニューの中から

「災害用キット」を選択し、起動させ

緊急速報エリアメール」をタップしていただくと

各種設定をしていただくことができます

 

受信設定のチェックをはずすと

エリアメールの受信が解除されます

また、マナーモード時の設定や着信音、受信画面の

確認等もしていただくことができます

 

また、ドコモのスマートフォンの場合

災害用キット」アプリがない機種もあるのですが

その場合、かわりに「エリアメール」アプリがありますので

そこから同設定をしていただくことが可能です

 

ソフトバンク(緊急速報メール)の解除方法

ソフトバンクの場合は、購入した時点で設定が

オンとなっていますので、それを解除していきましょう

 

方法は、アプリメニューから「緊急速報メール」を起動させ

「MENU」キー→受信設定と進んでいただくと

「利用する/しない」の切り替えが可能となっています

 

スポンサードリンク

 

au(緊急速報メール)の解除方法

こちらも購入したときからデフォルトで設定がオンと

なっていますので、解除していきましょう

 

au災害対策アプリから「緊急速報メール」を選択し

「設定」→「災害・避難情報」→「受信設定」と進んでいただくと

設定をオフにすることができます

 

iPhoneでの解除方法

iPhoneでの設定も簡単で

ホーム画面の「設定」から「通知(通知センター)」

「緊急速報」と進んでいただくと

受信設定のオンオフの切り替えがしていただけます

 

※各キャリアや端末、OSのバージョンによって

細かな違いはあると思いますが

ほぼ対応していただけると思います

 

対応機種であったり、詳細情報等を

お知りになりたい方は以下の公式サイトでご確認ください

 

ドコモ 緊急速報「エリアメール」

ソフトバンク 緊急速報メール

au 緊急速報メール

 

まとめ

ということで、簡単にですが

Jアラートの受信を解除する方法についてまとめてみました

 

まとめておいて言うのもなんですが

やはり単純にうるさいからオフにしよう!とするのではなく

事前によく考えた方がいいかなと思います

 

ミサイルなんかが飛んできたら

結局意味がないなんて言われていますが

全部が全部直撃するということでもありませんし

屋外であったら建物の影に隠れるだけでその爆風や

飛来物から身を守ってくれることもあるでしょうし

屋内であっても、ガラス窓から離れるといった

対策もとることができます

 

設定で簡単にオフにできますが

慎重になることも重要ですね

 

もちろんスマホ複数台持ちだなんて方は

1台くらいにしといたほうが耳のためによろしいかもですが笑

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ