格安スマホに変えようかとお悩みの方の中には

いろいろと格安スマホや格安SIMなどについて調べていく中で

格安スマホではLINEのID検索や年齢確認が出来ないなんて

噂を耳にされたことがあるのではないでしょうか?

 

せっかく格安スマホにしたのに

スマホに必須とも言えるLINEが使えないのであれば

やっぱ、止めておこうとなってしまいますよね

ということで、今回は格安スマホ、シムでの

LINEのID検索やその対策について解説していきます

 

格安スマホでLINE自体は使えるの?

まず、そもそも格安スマホ(MVNO)で

LINE自体が使えるのかどうかについて説明しますと

新規で登録していただくことも出来ますし

引き継いで使用していただくことも出来ます

 

SIMの種類に注意して!

MVNOによる格安スマホでもLINEは使用していただけるのですが

契約をされる際に注意していただきたい点があります

それは、通話SIMもしくはSMS付きのデータSIMを選んでいただくことです

この機能がなければLINEアカウント自体の認証が出来ず

ログインできませんのでしっかり確認しておきましょう

さらに言いますと、通話SIMがないとLINE電話もできないので

特段の理由がない限り通話SIMで良いと思います

 

格安スマホではLINE ID検索が出来ないの?

残念ながら一部の例外を除き格安スマホではID検索は出来ません

そして、検索してもらうことが出来ません

ですので、これに関しては友達を追加していく作業が

ちょっと難しくなったりとデメリットがあるかもしれません

 

※キャリア契約時にLINEの年齢認証済ました端末に

格安SIMを挿して使用する場合はID検索できます

 

ですが、それでもある程度の対策は出来ちゃいますので

チェックしていきましょう!

 

1.「ふるふる」や「QRコード」を使う

すぐ近くに友達に対してはこれらの機能を使えば

簡単にお手軽に友だち追加出来ちゃいますね

 

※QRコードの使用方法

「LINEを開く」→「その他」→「友だち追加」→「QRコード」で

カメラが起動しますので、読み取って認証すればオッケーです

 

2.自分専用URLの発行

上記1番の方法は、相手が近くにいる時に限定されてしまいますので

遠くの友だちとのやりとりはできないので困りますよね

そんなときは、自分専用URLを発行しましょう

 

こちらもやり方は簡単で、LINEを開いて

「友だち追加」→「招待」と進むと相手にメールかSMSで

自分専用URLを送付できますのでこれでオッケーです

また、メール以外にもTwitterやInstagramでも

送ることができるようです

 

Facebookでは送れません

困ったことにフェイスブックのメッセージからは

はじかれてしまうようです

その場合は、先述した自身の「QRコード」のスクリーンショットを

フェイスブックのメッセージから送り

相手に、このスクショを保存してもらいます

 

そして、LINEを開いてもらい

→「その他」→「友だち追加」→「QRコード」→「ライブラリ」で

このスクショを選択してもらえばオッケーです

 

意外とFacebookだけでつながりがある人もいるので

そういった意味でも便利な方法かもしれません

 

3.PC版のLINEを利用する

相手のIDを知っていることが前提となるのですが

スマホ版のLINEアカウントがあればPC版のLINEも使用することができ

そこから検索して友だちに追加することができます

でも、はっきり言ってなんか面倒くさいですよね(笑)

 

4.LINEモバイルにすればいいんじゃない

もしこれから格安スマホ、格安シムに乗り換えようとしている方なら

LINEのMVNOであるLINEモバイルがおすすめかもしれません

なぜなら、現在格安スマホで唯一LINEのID検索を

することが出来るからです

 

その他にも、LINEやその他SNSの通信料が無料になる

プランも用意されているのでLINEやツイッターなど使いまくりたい

ってか、使っているなんて方にはおすすめです

 

まとめ

格安スマホ、シムの場合LINEモバイル以外の

MVNOではID検索をすることは出来ません

ですがいくらでも、対策することが出来るので

現状特に大きな問題とは言えないかもしれませんね