格安スマホ市場が大いに盛り上がっているようで

CMなどでもキャリア並に見かけることも多くなってきましたね

そんなわけで、あまりスマホを使っていないので

月々の負担を減らすためにも格安スマホ、SIMへの乗り換えを

検討されている方も多いのではないでしょうか?

 

ですが、格安スマホの仕組みにSIMやMVNOなんて

横文字も出てきたりでわからないこともあったりします

ということで、今回は格安スマホにまつわる語句の解説をしてみようと思います

 

格安SIMやMVNOって何?

MVNOとは?

MVNOとは、「Mobile Virtual Network Operator」の略で

日本語では、「仮想移動体通信事業者」などと訳されるのですが

(逆に日本語の方がイメージしにくい気がしますね笑)

これは、NTTドコモやKDDI(au)といったキャリアの通信インフラを借りて

音声通信やデータ通信のサービスを提供している事業者ということになります

簡単に言えば、格安スマホの事業者さんです

 

大手キャリアから回線を借りてサービスを提供しますので

自前でインフラ整備等をする必要がなく経費を抑えることができるために

価格が抑えられるということですね

 

また、回線を借りるという事業形態ですので

異業種からの参入も多く(DMMや楽天とかそうですね)

各MVNOでの競争が進んでいるということも安さの理由の一つかもしれません

 

 

格安SIM(カード)とは?

こちらも、格安スマホと一緒によく聞く言葉「格安SIM」

まず、そもそものSIMから解説しますと

これは、電話番号を特定するための固有のIDや契約者の情報などが記録されている

データ通信や音声通信をするために必要なチップ(SIMカード)のことで

ネットや通話に不可欠なものとなります

 

携帯ショップなどで契約をされる際にスマホにちっちゃいカードが

挿し込まれるのを見られたことがあるのではないでしょうか?

 

 

では、格安SIMとはいったい何だ?ということなのですが

これは、キャリアのそれとは違い各MVNOがデータ通信量などで

細かく設定したプランで提供するその名の通りの格安のSIMカードやサービスになります

この格安SIMとスマートフォンの組み合わせが格安スマホということですね

 

音声の品質や対応エリアは?

「格安」SIMと聞くと、もしかしたらその品質を不安に思われる方もおられるかもしれませんが

ドコモやauの回線を借りて運営されていますので

音声通話や対応エリアに関しましてはキャリアのものと同等になります

※通信速度は回線の込み具合により制限を受けることがあります

 

まとめ

MVNOとは、簡単に言えば格安スマホの会社で

格安SIMはそのMVNOが提供する格安サービス(SIMカード)ということですね

これから、格安スマホを検討される際の参考になれば嬉しいです