現在お使いのキャリア契約のスマホから格安スマホのMVNOへの

乗り換え時期や解約についてお悩みの方多いかもしれませんね

私自身は、ちょうど更新月とのタイミングがあっていたので

そこまで気にする必要はなかったのですが

 

実は、それでももう少しお得に乗り換えることができたなと、思うこともありますので

今回は、格安スマホへの乗り換え時期やなるべく損をしない

解約のタイミングについて解説していこうと思います

 

格安スマホへの乗り換え時期の考え方

まず、最も損をしない乗り換え時期となると

2年縛りや時に1年縛りの契約が切れるタイミングである

契約の更新期間ということになります

 

それ以外の時期だと当然ですが、ドコモ、ソフトバンク、au共通で

9500円ほどの違約金が発生してしまいますし

端末を分割購入した費用も支払う必要が出てきますので

それらを考慮したうえで計算していかなければいけません

 

違約金のことなどを考えると、契約が切れるタイミングまで

待つのが良いかと思われるかもしれませんが必ずしもそうではなく

契約の更新期間まで遠い場合は、手っ取り早く違約金を払い

解約して格安スマホを契約したほうが元をとれる場合があります

 

違約金を払ってでも乗り換えるべきタイミングは?

シンプルに考えると

キャリアでの使用料金×xか月が格安スマホ乗り換え費用+使用料金×xか月を

上回る時期から計算していけばいいのですが

よく言われるのは、契約の更新月まで3カ月以上ある場合は

違約金を払ってでも解約したほうが良いというものです

 

考え方としては、現在キャリアに支払っている

スマホの料金をざっくり6500円で計算しますと

6500円×3か月=19500円

 

次に違約金のかかる時期に格安スマホへの乗り換えにかかる費用を算出してみますと

違約金とは別に以下のような名目で約5000円の費用が掛かりますので

 

  1. 新規契約するMVNOへの事務手数料 3000円
  2. MNP転出手数料 ドコモ2000円、ソフトバンク、au3000円(番号をそのまま使う場合)

 

そこに格安スマホのMVNOでのデータ通信費(ここでは2000円で計算します)の

3か月分を合計しますと、

5000円(手数料)+9500円(違約金)+6000円(通信費)=20500円

 

3か月というくくりで見るとまだ少しキャリアスマホのほうが

安いのですが、翌月からの料金が断然お得になることは明らかですね

 

もちろん、現在お使いになられているスマホの料金も違うと思いますし

MVNOでのプランも様々でもっと安くすることもできますし、

スマホ端末を同時に購入される際など計算が変わってきますので

よく確認していただく必要があるのですが

一つの目安として考えてみるといいかもしれません

 

とにかく、まずは現在スマホにいくら支払っているかの把握

そして、希望するMVNOでかかる料金を計算してみましょう

格安スマホの料金形態はキャリアのように複雑ではないので

簡単に計算できると思います

 

 

解約のタイミングは月末がベスト?

更新期間に乗り換えをするのが違約金もかからず

お得な方法であることは間違いないのですが

気をつけておかないとちょっと損?した気分になっちゃいます

 

というのも、キャリアや加入プランによって変わるのですが

使用料金が日割り計算のものがあるために

またauの場合、以前は月初め1日の解約は前月扱いとなり

使用料金が請求されない独自のルールもありましたので

月初めに解約するのがなんとなくお得と思われていたのですが

 

現在auもドコモもソフトバンクもスマホ使用料金の大部分を占めるであろう

パケホーダイに関しては日割り計算を適用していませんので

月初めに解約するというのは正直割に合わないと思います

 

ですので、キャリアの契約を解除するタイミングとしては

月末、それでも格安スマホへの乗り換え準備等もありますので

余裕を持って20日から25日あたりで考えておくといいかもしれません

※ソフトバンクの場合は、締め日がユーザーさんによって異なってきますので

あらかじめ確認していただいたうえで解約していただくようにお願いします

 

まとめ

格安スマホへの乗り換え時期は、かかる費用の把握が全てです

まずは気になるMVNOを色々とチェックしていただいて

使用料金をざっと計算してみましょう

あとは、解約のタイミングなどできたら気に留めておき

お得に乗り換えていただけたらと思います