Sponsored Link

寒中見舞いはいつからいつまでに出す?関西では時期や期間が違う?

年賀状をいただいたのに忙しかったりで

返事を出しそびれてしまったという方や

喪中はがきをいただいたために

年始の挨拶を控えていたという方が

冬の挨拶状として送るのが寒中見舞いなのですが

 

意外とその出すべき時期が

いつからいつまでなのか知らなかったりしますよね

ということで、今回はそんな寒中見舞いを出すべき期間や

関西では違う?といったところまで解説していこうと思います

 

寒中見舞いはいつからいつまでに出すべき?

寒中見舞いは松の内があけてから

立春までの間に送るのが基本となっているのですが

松の内や立春がいつなんだ、ということですよね

ということで解説いたしますと

 

松の内とは、1月1日から1月7日までのことで

門松であったりのお正月飾りを出しておく時期をさします

寒中見舞いは、冬の冷え込む時期に相手の様子を

伺い挨拶をするものですので出すことができません

 

つまり、年賀状の返事が出せなかったという場合も

この期間内であれば、実は年賀状で対応していただくことができます

もちろん、マナー的には遅くなりすぎていますので

寒中見舞いでご挨拶する方が良いでしょう

 

では、立春がいつなのかと言いますと

これは、2月4日をさします、2月3日に節分で

節を分けるとなっているのでわかりやすいですね

 

つまり、寒中見舞いを出すべき時期というのは

松の内が明けた1月8日から2月3日までとなります

 

関西では時期が違う?

ここで注意すべきは、関西での事情

関西では実は松の内を1月15日としているために

寒中見舞いを出すべき時期が1月16日からとなっているのです

 

ですが、実際のところこれに関しては

関西においても地域差が見られると思います

私自身、関西在住ですが特に気にしたことはありません

ですので、このあたりは周りの方に

確認をとっていただく方が良いでしょう

 

また、松の内があけるのが15日以降だとしても

一般的に、喪中はがきをいただいた際の返事としての

寒中見舞いを出すには遅いと言われていますので

こちらもあわせてお住いの地域の風習等を

確認してみてください

 

スポンサードリンク

 

マナーや注意点は?

寒中見舞いを出す際に気をつけておきたい

マナーをいくつかご紹介します

 

  • 余った年賀はがきは使用しない
  • きらびやかで派手なデザインは避ける
  • 日の出などの年賀状のモチーフとなるものは避ける
  • 喪中の場合には、「賀」「慶」「おめでとう」等の表現は避ける

 

ざっと上げると上記の通りで

寒中見舞いはあくまでも相手の体調を気遣い送る

挨拶状ですので、年賀状のような挨拶は避けることになります

当然、喪中の場合はめでたいことを連想させる言葉や

表現もさけるようにしましょう

 

ちなみに、郵便局等で販売されている

すでに文章やイラストがプリントされている

はがきを使用しても失礼には当たりませんので

文例等で悩んでいるという方は利用してみてください

 

もちろん、会社の上司の方に目上の方に対して

かわいい雪だるまのイラストのほっこりするデザインの

はがきは避けた方が良いですが笑

 

まとめ

今回は、寒中見舞いを出すべき時期は

いつからいつまでなのか、解説してみました

基本的には、1月8日から2月3日の期間に

届くように投函するようにしてくださいね

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ