Sponsored Link

カーリング女子が食べたイチゴの品種は?韓国産だけど日本のパクリ?

平昌オリンピックはすべての選手たちの健闘もあり

過去最高の成績をおさめ幕を閉じたわけですが

今、時の人となっているのがカーリング女子

ロコ・ソラーレのメンバーかもしれません

 

試合中のおやつタイム(もぐもぐタイム)は非常に注目され

食されていた赤いサイロが売り切れになったりしたわけですが

個人的にずっと気になっていたのは、選手たちが食べていた

とにかくでっかいイチゴだったりします

 

ですので、このイチゴも赤いサイロと同じく

地元企業や日本産のものかと思い

その品種を知りたいという方も多いと思いますが

なんとこちらは韓国産のイチゴ

 

なるほど、韓国のイチゴかあ、といきたいところなのですが

この韓国産のイチゴに関しては、日本からのパクリ泥棒疑惑があるため

何とも釈然としないという方も多いはず

 

ということで、今回はその韓国産イチゴについて

解説していこうと思います

 

韓国のイチゴは日本のパクリ品種?

では、このド直球の疑問に対してお答えしますと

現在、韓国のイチゴ栽培面積の9割以上が日本の

「とちおとめ」や「レッドパール」「章姫」といった

品種を基に開発されたものとなっています

はい、つまりほぼパクリです、泥棒です

 

元をたどると1990年ごろ愛媛県宇和島市のイチゴ農家

西田朝美さんのもとに韓国人の農業研究家のキム・チュンギルさんが

西田さんの「レッドパール」の種苗を分けてくれるように

頼み込んでくるところに始まります

 

当初は、西田さんも断っておられたようですが遂に根負けし

5年間有料でキムさんだけが栽培できるという契約を結びます

 

でまあ、どうなったのかと言いますと

お察しの通り、キムさんが他の人にも譲ってしまい

韓国中に広がっていき、一時期西田さんのレッドパールが

市場の8割をしめるほどにまで

 

韓国の気候や土壌においてイチゴの栽培技術等が

確立されていなかった中、西田さんらは韓国にまで

何度も栽培方法を教えに行かれたそうですが

恩をあだで返すとはまさにこのことか言わんばかりのありさまに

 

ちなみに法律等で何とか対処できないとのか言いますと

もちろん、日本国内においては品種登録制度があるために

育成者の権利を守ることができるのですが

韓国内では2012年までは保護対象品種となっていなかったため

一切の対抗措置をとることができませんでした

 

また、ユポフ条約という条約において

育成者を守るというシステムもあったのですが

そちらもタイミング的に対抗措置がとれず

それどころか、韓国側は日本の品種を改良した

「錦香」や「雪香」を登録するという暴挙に、、

 

ちなみに、この韓国のイチゴ泥棒により

日本の損失額は5年間で最大220億円との試算を出しています

何もでたらめで言っているわけではなく

昨年2017年6月、農林水産省が公式に発表したものとなっています

 

スポンサードリンク

 

カーリング女子が食べていた品種はなに?

では、あのカーリング女子がおやつタイムで食べていた

大変大きくておいしそうなイチゴも日本からのパクリの

韓国産なのかと言いますと

 

おそらく、カーリング女子の選手たちが

食べておられたのは「雪香」という品種

 

そして、これがどういったものかと言いますと

日本の「章姫」と「レッドパール」を交配したもの

わかりやすすぎですが、THE日本産なのです

美味しいのは当たり前ですよね

 

まとめ

ということで、簡単にですが

カーリング女子のおやつタイムに端を発した

韓国イチゴ論争なのですが残念ながら

日本から盗まれたイチゴなんです

 

実はそれ以外にも多くの作物が流出していたりする

そうですのでそのあたり国にも色々と

対策、措置をとっていただきたいと思いますね

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ