Sponsored Link

【希望の党】公約の花粉症ゼロは本当に出来る?実現可能性や対策は?

先日、公示や各党の選挙公約が発表され

まあ、皆さんえらく荒れているこの政局がどう動くのだと

各党の公約をチェックされたかもしれません

 

そして、その中で一際目を引き

大きな注目を集め話題となっているのが

小池百合子東京都知事が率いる

希望の党の公約花粉症ゼロというもの

 

今回は、その希望の党が公約として掲げる

花粉症ゼロとはいったい何なのか?

ふざけているのか?舐めているのか?と声が上がっていますが

実際出来るのかどうか、実現可能性を考えてみました

 

【希望の党】公約の花粉症ゼロに大批判?

2017年10月6日、希望の党の代表小池百合子さんが

9つの公約、12のゼロを目指すという公約を発表されました

 

希望の党の公約

  1. 消費税増税凍結
  2. 議員定数・議員報酬の削減
  3. ポスト・アベノミクスの経済政策
  4. 原発ゼロへ
  5. 雇用・教育・福祉の充実
  6. ダイバーシティー社会の実現
  7. 地域の活力と競争力の強化
  8. 憲法改正
  9. 危機管理の徹底

「希望への道」 12のゼロ

  1. 原発ゼロ
  2. 隠ぺいゼロ
  3. 企業団体献金ゼロ
  4. 待機児童ゼロ
  5. 受動喫煙ゼロ
  6. 満員電車ゼロ
  7. ペット殺処分ゼロ
  8. フードロスゼロ
  9. ブラック企業ゼロ
  10. 花粉症ゼロ
  11. 移動困難者ゼロ
  12. 電柱ゼロ

 

噂されたベーシックインカムの導入については

結局、公約に入りませんでしたが

「消費税増税凍結」「原発ゼロへ」「憲法改正」の三本柱を中心に

 

そして、12のゼロとして待機児童問題、受動喫煙

隠蔽、原発とまあまとな指針を示されたのかと思いきや

その中で一際異彩を放つ「花粉症ゼロ」という項目に

疑問の声や避難の声が殺到しています

 

花粉症ゼロはふざけている?

この公約を見て、多くの方がふざけているのか?

無理に決まっているだろう、数合わせに適当にぶっこんできたな、と

不信感をもたれている方も多いかもしれません

 

森林伐採を推奨するのか、スギも檜もブタクサも

全部焼き払うつもりか、稲作も禁止するのか、と

過激な声も出てきていますが

 

花粉症対策に関しては

花粉症による健康被害もそうですが

それによって引き起こされる、生産性の低下など

社会的、経済的損失につながることも指摘され

長年にわたり、研究や対策が進められてきました

 

実際、東京都には2005年から

花粉症対策本部が設置されており

その対策に取り組まれてきました

石原さんなんかもよくおっしゃっておられましたね

(効果は出てるのでしょうか?)

 

ですので、一概にこの公約をふざけている

舐めていると切り捨ててしまうのも軽率な気がします

 

スポンサードリンク

 

本当に出来るの?どう対策するの?

花粉症は、実際に公害みたいに多くの方が

悩まされているし、経済的損失があることもわかった

けど、それがちゃんと実現できないんだったら

まさに机上の空論でただのおためごかしじゃないか

と、なってきますよね

 

希望の党の公約には、以下のようにも記されていたのですが

「花粉症ゼロ」を目指したスギ等の伐採促進、国産材の活用促進などにより、林業の再生を目指す。https://kibounotou.jp

 

まあ、実際問題どうやっていくのか考えていきますと

対策として、例えば、スギに関しては

花粉症対策がされた花粉が少ない杉に植え替えたり

無花粉杉の育成であったりも進められています

あわせて、アレルギー対策も行われています

 

また、現在は後継者不足などで

放置されている大量の杉林の枝打ちや間伐といった

整備、管理等もすることがちゃんと出来れば

花粉の飛散量を抑えることもできます

 

でも、そもそもアレルギーの問題だから

それに、花粉症は杉だけが原因ではないから、といった

意見ももちろんあるでしょう

 

それに対しては、やはり医療面での

改革やサポートが求められるということになって来るでしょう

そして、排気ガスや焼却施設での問題にも

向き合っていく必要もあるでしょう

 

実現の可能性はあるの?

ざっと、対策を挙げてみましたが

よく考えてみると、この花粉症対策は

非常に複雑かつ大きな問題なのがわかりますよね

 

植林事業、医療対策、放置森林対策

林地での労働者不足、雇用問題、医療問題、公害問題

 

そう、つまるところ、対策や解決策としては

一応は考えられるのですが

何よりも、お金がかかるのです

 

結局のところ、予算の問題に行きつくわけです

あれだけの公約を掲げ、どうやってその予算を捻出するのか

個人的には、そちらの方が気がかりだったりします

 

実現可能性については

もちろん、予算がどれだけ潤沢にあったとしても

すぐにどうこうといったことにはなりません

ゼロなんてありえません

 

だからこそ、ゼロを「目指す」という

逃げ道を作られたのかと思いますが

単純に、この花粉症ゼロという文言だけで判断するのではなく

政策、公約全体を通して考えるべきだと思いますね

 

まとめ

ということで、今回は簡単にですが

希望の党の公約として、世間をざわつかせている

花粉症ゼロについてまとめてみました

 

もちろん、私は素人ですし

専門的な知識を持っているわけではありませんので

まあ、こういう考えもあるんだよ、ということでお願いします笑

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ