さて、衆議院議員総選挙の日が近づいてきましたが

中には、選挙当日10月22日(日)は

仕事や用事ではたまた、旅行や遊びといった理由で

投票にいけないなんて方もおられるかもしれませんね

 

そんな方に、活用していただきたい制度が

ずばり、期日前投票制度なんですが

結局、いつの期間で時間でどこでどうやってといった事

普段から選挙に行っていても制度を利用する機会がなければ

知らないことがたくさんありますよね

 

ということで、今回は

期日前投票制度について解説していこうと思います

 

期日前投票とは?

期日前投票制度は

選挙当日に旅行やレジャー、仕事、冠婚葬祭等の用事が

あるといった一定の事由のある方を対象とし

選挙期日の前に、選挙期日と同じ方法で

投票を行うことが出来る制度です

 

そこで、気になるのが一定の事由なのですが

普通にレジャーでもオッケーですので

つまり、遊びに行くから、旅行に行くからといった理由でも

ぶっちゃけ、日曜くらいゆっくりしたい

寝てたいなんてことでも、全く問題ありません

 

受付において宣誓書を受け取り

列挙されている事由の中から選ぶことになります

 

投票期間はいつからいつまで?

原則的に、選挙期日の公示日または告示日の翌日から

選挙期日の前日までの期間となっており

 

今回の総選挙の場合ですと

10月11日(水)~10月21日(土)の期間で

原則、午前8時30分から午後8時までとなっています

 

投票場所はどこ?

こちらは、各市区町村に1力所以上設けられる

「期日前投票所」において行うのですが

当然、いつも行っている投票所とは違うこともあります

 

どうやって、この期日前投票所を調べるかといいますと

お住まいの地域名(市町村や県)+期日前投票所や

お住まいの地域の選挙管理委員会で検索したり

自治体のホームページから確認していただけます

 

また、投票時間について上で

原則午前8時30分から午後8時までと説明しましたが

結構、場所によって違いますので

あらかじめよく確認しておいてください!

 

スポンサードリンク

 

持ち物は何が必要?

さて、お次は持ち物についてですが

期日前投票だからといって普段の選挙と違った

何かが必要ということはありません

 

送られてくる入場券をもっていき

本人照会をすませ、いつもどおり

投票用紙を受け取り、投票箱に入れるだけです

 

ちなみに、本人の確認さえ出来ればよいので

実は、入場券も必要なく、手ぶらで立ち寄れたりします

 

まとめ

ということで、簡単にですが

期日前投票制度について解説してみました

今回の選挙後、これからも使える知識ですので

ぜひ、頭の隅にでもおいておいてください

 

【希望の党】公約の花粉症ゼロは本当に出来る?実現可能性や対策は?

山尾志桜里の再当選確率に対立候補!選挙区や民進党次第で落選?