Sponsored Link

懸賞の応募はがきの切手代金はいくら?調べ方はサイズと重さ?

官製はがきを送る場合はいいのですが

手作りの私製はがきを使って送るなんて場合や

懸賞の応募はがきなどでよくある

規定料金の切手を貼って送ってくださいなんて場合

 

えっ、何円切手を貼ればいいの?

はがきと同じ62円でいいの?と

わからなくなってきますよね

 

ということで、今回は

はがきの切手代金はいくらなのか

決め方から解説していこうと思います

 

懸賞の応募はがきの切手代金はいくら?

皆さん、ご存知の通り

2018年現在のはがきの料金は

全国一律で62円、往復はがきで124円となっています

 

では、自分で切手を貼るタイプのはがきの場合

何円の切手を貼ればいいのかと言いますと

 

これらは、はがきのサイズと重さによって

判断されることになります

 

郵便局のホームページをのぞいてみると

はがきとして送ることのできるサイズと重さが

以下のように紹介されています

 

https://www.post.japanpost.jp

 

手作りの私製はがきを送る場合などは

サイズにも気をつけていただく必要があるかと思いますが

 

例えば、懸賞の応募はがきであったりなどは

当然規定内の大きさで作られていますので

重さで判断することになり

 

6グラム以内であれば、通常のはがきと同じ料金となり

62円分の切手を貼っていただけたら大丈夫です

 

まあ、何故懸賞の応募はがき等に

明確に62円切手を貼って応募してください、と

書かれていないのかと言われると

 

応募シールが多く貼れる場合や

それを止めるためにセロテープを多く使ったなんて場合は

6グラムを超えてしまう可能性があるために

一応、注意として示されているわけなのです

 

まあ、余程明らかに重さが異常な時でない限り

神経質になる必要もないとは思いますし

郵便局でもコンビニでも購入時に重さをはかってくれたり

秤を貸していただけるので安心してください

 

※ちなみに懸賞の応募はがきなどで

自分で切り取るタイプのものは

ちゃんとそのサイズ通りに切らないと

サイズオーバーで規定外となってしまうので

注意するようにしてください

 

もし、6グラム以上だったら?

まあ、ほぼそんなことはないと思うのですが

その場合は、第一種郵便物の定形郵便物として扱われ

 

25グラム以内であれば82円

50グラム以内であれば92円となっています

 

スポンサードリンク

 

まとめ

ということで、今回は

私製はがきや懸賞の応募はがきなどに必要な

切手の代金について解説してみました

 

私自身、懸賞の応募が好きで

キャンペーンのはがきがお店にある時は取ってくるのですが

何円切手か結構わからなくなるんですよね笑

 

皆さんも、懸賞に応募等される際は

ぜひ参考にしていただけたらと思います

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ