Sponsored Link

松田優がアンパンマンと収録に絵本?出演作品や嫁に病気との闘い

俳優の松田優さん

イケメンでちょっと強面で筋肉ムキムキの高身長

まさに男があこがれる男を体現しているようなお方

 

活動のメインとしては、やはりちょっと刺激的なVシネマや

演劇ユニット「般゛若(バンニャ)」での舞台公演が多い方ですが

この度、なんとあの有吉反省会に出演されるそうですので

簡単にですが、俳優松田優さんのプロフィールや

噂について迫っていこうと思います

 

松田優さんのプロフィール!

松田優(旧芸名・本名は勝)さんは、

1963年1月18日東京都出身の俳優さんで現在、54歳!

 

身長・体重 185cm・78kg
B・W・H 107cm. 85cm. 99cm
肩幅・ゆき丈 55cm・91cm
首回り 42cm
頭回り 60cm
股下 89cm
靴/血液型 29cm   O型

http://www.wildthing.co.jp/

 

さすが、和製アーノルドシュワツェネッガーと称されるほどの

肉体を売りにしておられる俳優さんだけあって

体躯に関するプロフィールがめちゃ細かいです

 

というか、本当に体が大きくて

哀川翔さんや竹内力さんと並ばれても

かなり大きく見えるほどです

 

ちなみに、端正な顔立ちをされているのですが

どこの国の方なのかは不明なのですが

クウォーターだそうです

 

資格には、空手道2段、ボクシングライセンス、日本腕相撲協会2段

特技でも柔術、殺陣、サンボ、キックボクシングと

さすが肉体派俳優さん、付け入る隙がございません

 

俳優としては、

小林旭さんが初監督をつとめる

映画のオーディションで14000人の中から

主役に抜擢され1989年にデビュー

 

現在も映画に舞台にVシネにと

大活躍されています

 

Vシネだと、どうしても極道系が多かったりで

ピンとこない方もおられるかもしれませんが

NHKの朝ドラ「ひらり」「オードリー」や

大河ドラマ「花の乱」「竜馬伝」に

「相棒」などへの出演も有名です

 

個人的には「家なき子」や

「ウルトラマンガイア」「真珠夫人」の

イメージがありますかね

 

スポンサードリンク

 

アンパンマンに絵本?

一見ちょっと強面で肉体派の松田さんとは

何の接点もなさそうなアンパンマンという

キーワードなんですが

 

実は、この2017年の4月から

BS日テレ「それいけアンパンマンくらぶ」という番組で

「松田優のアクション!」というコーナーを

担当されてるんです

 

たしかに、小さなお子さんに

アクションや運動を教えるってのも

すばらしい活動の一つですよね

 

ただ、最初この噂を聞いたときは

アンパンマンを何かの隠語かと

勘違いしてしまいましたww

 

その他にも、実は松田さん

仲良しの猫の兄弟、ティリとネオを描いた

ウェブ専用の絵本を発表されていたりと

見た目とのギャップに驚かされます

ティリとネオ

 

病気との闘い

さて、俳優としてはデビュー以来

アクションスターとして、もちろん

それ以外も海外映画からオファーが

来るほど活躍されていた松田さんですが

2007年に、ステージ3の大腸がんと診断されます

 

アクション俳優の松田さんとしては

人として、俳優としてという2つの側面においての問題

助かったとしても人工肛門というレベル

 

最終的に、直腸全摘出の手術が成功

リンパ節等への移転も見られなく

見事に復帰されわけですが

 

とは言っても、当然リハビリから闘病と

大変苦しい時期を過ごされました

(体重も11キロ落ちたそうです)

そんな松田さんを支えられたのは

奥様である、ロロさんこと松田亜実さん

 

ガン発覚から、亜実さんは

いわゆる名医さんを探しまわられたり

食事療法、免疫力アップ、に精神面と

大きな支えとなられたそうで

松田さんもそのことに大きな感謝を示されています

 

ちなみに、奥様と出会いは

「修羅がゆく4」という映画で亜実さんが

ヘアメイクをされていたことからだそうです

現在は、松田さんの所属事務所

ワイルドシングの代表をされています

 

あと、先述しました絵本は、

奥様との共作になっています

 

まとめ

ということで、簡単にですが

俳優の松田優さんについてまとめてみました

現在は、リハビリの期間に生み出された

握力グリップトレーニングの講習会や

ボランティア活動もされているそうです

 

これだけ聞くと、有吉反省会で何を

反省されるのかわかりませんが

そのときまで楽しみにしてようと思います

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ