Sponsored Link

【詐欺】民事訴訟管理センターや総合消費料金に関する訴訟のはがき

先日は、Appleを騙って怪しいサイトに誘導し

個人情報等を抜き取る詐欺があるというお話をしましたが

AppStore InvoiceやIDロックというメールは詐欺?【注意】

 

今回は、総合消費料金に関する訴訟や

民事訴訟管理センターと名乗る機関からの

怪しいはがきについてです

 

民事訴訟管理センターや訴訟の話は詐欺です!!

いきなりですが、

総合消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」と題し

法務省管轄支局 民事訴訟管理センター」を名乗り

送られてくる怪しいはがきは【詐欺】です

 

2017年の3月ごろより、全国の消費生活センターへの

相談も急増しているようで実際、被害も出ているようです

 

いきなり、公的機関を名乗り

やれ裁判だ、やれ差し押さえだ、そして

単純に総合消費料金なんて言われると

 

過去にちょっとローンを組んで買った支払いが

もしかして疎かになったいたのではないか、等

 

いかにもな文言を並べられて

おどろおどろしい感じでまくし立てられると

不安になり焦ってしまうかもしれませんが

新手の架空請求詐欺となっていますので

完全に無視してください

 

裁判所からの通知は

そもそもですが

裁判所からの通知がはがきで届けられるなんてことはありません

裁判所から「支払督促」や「少額訴訟の呼出状」が送られる場合には

「特別送達」という特別な郵便により送付されることになっており

 

郵便職員が直接、名宛人に手渡すことが原則ですし

受け取りの際は、署名や押印が求められます

 

詐欺の手口とは?

この詐欺の手口としては、

消費者が裁判の取り下げや相談の窓口として紹介されている

件の民事訴訟管理センターに連絡すると弁護士と名乗る者を紹介され

最終的に、コンビニでプリペイドカードを購入し

支払いをするように命じるというものだそうです

 

ですので、やはり対策としては

絶対に連絡をしないでください!!

 

電話をかけてしまいますと電話番号もばれてしまいますので

少なくとも電話を返してくる人物だという認識で情報が横流しされたり

繰り返しお金を請求される危険性も増してしまいます

とにかく、完全に無視でお願いします

 

スポンサードリンク

 

でも、不安だ!

当然ですよね、公的機関を名乗り

裁判だ何だと言われたら普通の人はびびってしまいますし

もし本当の通知だったら、なんて思われるかもしれません

 

ですので、そういう時は

お住まいの自治体の消費生活センター

また、すでに支払いをしてしまった

詐欺被害にあってしまったなんてときは

警察に連絡するようにしてください

 

とりあえず、私のほうからも情報提供ということで

以下の公式ホームページを紹介しておきます

独立行政法人 国民生活センター

法務省

 

まとめ

ということで、総合消費料金に関する訴訟や

民事訴訟管理センターからの怪しいはがきについて

解説してみました

 

そもそも、今回これをかいてみたきっかけというのが

実際、実家の母にその怪しいはがきが届いたからなんです

 

これ実物です↓

【詐欺】民事訴訟管理センターや総合消費料金に関する訴訟のはがき

 

まあ、私の母はびびってすぐに電話をしてしまうという

暴挙に出てしまったのですが、、

とにかく皆さんもまた周りの方で届いたなんて方が

おられたら冷静に【詐欺】だよ!と知らせてあげてください

 

今回は、こういった事例だったのですが

おそらくまたもっともらしい文言等を並べて

新たな手口で騙そうとする輩も出てくると思いますので

くれぐれも注意していただくようにお願いします

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ