Sponsored Link

【喪中はがき】会社の上司や同僚にも出すの?出す範囲は何親等まで?

年末の寒さの厳しくなる時期ですが

身内や親戚の方が亡くなられた方は

喪中はがきの準備にもおわれているかもしれません

 

今回は、そんな喪中はがきについての疑問

会社関係の方や、上司、同僚といった方には送るべきなのか

また、出す範囲は決まっているのか、等のマナーについて

解説していこうと思います

 

喪中はがきは会社の上司や同僚にも出すのか?

普段の年賀状をやり取りをしている友人らに送る場合と違い

会社や職場の社長、上司、同僚の方へ喪中はがきを出すべきなのかどうか

わからなかったりするのですが

 

基本的に、毎年、年賀状のやり取りをされている方

特にお世話になり、年賀状を出すべきとしていた方

故人との親交や年賀状のやり取りのあった方には

喪中はがきで年賀欠礼の挨拶をすべきとされています

 

ですので、毎年年賀状のやり取りをしているという

上司や同僚には喪中はがきを出されると良いでしょう

 

葬儀に来てくださった方にも送る必要がある?

会社、職場の方で葬儀に来てくださった方の場合は

当然、こちら側が喪中であることを知っているわけですので

改めて喪中はがきを出すべきかどうか悩まれるかもしれませんが

 

喪中はがきというのは、ご自身が喪中であることを知らせるだけでなく

新年の挨拶を遠慮させていただくという年賀欠礼状でもありますので

葬儀に参列していただいた方にも送る必要があります

 

ちなみに、親族間では一般的に喪中はがきを出す必要はありません

 

スポンサードリンク

 

喪中はがきを出す範囲は?

喪中はがきを出す範囲についてですが

これが正解という決まりやルールというのは

地域ごとの風習や慣習、宗教等により

考え方が違ってくるためないのですが

 

一般的には、二親等内の親族、つまり、ご本人から見て

配偶者、子、両親、兄弟姉妹、祖父母を亡くされた場合に

喪中はがきを出す必要があるとされています

 

ですが、実際ところ、二親等と言えども祖父母を亡くされた場合は

同居ではなく、別居されていたという事情があるときは

出さないという方がほとんどだと言われています

 

特に、姻族間、配偶者の祖父母を亡くされた場合などは

配偶者の方のみ喪中でやり取りをされ、本人は年賀状を出すと

分けられる方もいます

 

もちろん、別居とは言え、ご近所さんで関わり合いが非常に深かったなど

それぞれのご家庭において事情等が異なってきますので

家族でよく話し合われると良いでしょう

 

まとめ

喪中はがきは、会社、職場の上司、同僚の場合には

普段から年賀状のやり取りをされているのでしたら

喪中はがきで年賀欠礼の挨拶をしましょう

 

出す範囲については

基本的には2親等と言われていますが、別居、同居でも変わってきますし

年をいくと近い親戚でも全く連絡をとっていないなんてこともありますので

やはり、ご家族でよく相談して決めるようにしてくだい

 

出す範囲についてはこちらでより細かく解説しています↓

【喪中はがきを出す範囲】祖父母、義兄弟、叔父叔母が亡くなった場合は?

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ